ホーム 子育て > 【医師監修】コロナ禍のインフルエンザ、今年はどのように対策すべき?【子どもの「病気・けが」教えて!ドクター 第5回】

【医師監修】コロナ禍のインフルエンザ、今年はどのように対策すべき?【子どもの「病気・けが」教えて!ドクター 第5回】


新型コロナウイルスの感染が収束しないまま、本格的な冬がまもなく訪れます。これからの時期に心配な感染症の一つが、インフルエンザ。今年は特にどのような対策をとる必要があるのでしょうか。

今回は、インフルエンザの対策や予防対策について、書籍『マンガでわかる!子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK』からご紹介します。

■インフルエンザの症状とは?

出典:『マンガでわかる!子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK』(KADOKAWA)


インフルエンザは、年齢を問わず冬に大流行する呼吸器の感染症です。熱は4〜5日続くことが多く、合併症を引き起こすこともあって、重症化しやすいのが特徴。

子どもの場合は、いったん解熱した後、数日後に再び発熱することもありますが、ほとんどはその後自然に解熱します。

インフルエンザの主な症状には、発熱やだるさ、喉の痛みや頭痛があります。さらに、腹痛やおう吐などの症状が出る場合もあります。

■インフルエンザによる合併症

出典:『マンガでわかる!子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK』(KADOKAWA)



インフルエンザは、脳炎や脳症、気管支炎や肺炎など の合併症を引き起こすことがあります。

日本では、小児の脳炎の原因としてインフルエンザが最多であり、毎年200〜500人が発症 しています。脳炎は、発熱してから2日以内に起こりやすく、治療しても死亡や後遺症を残してしまう場合があります。


また、インフルエンザは、時に異常行動を引き起こすこともあるため、家の中では子どものそばで注意深く見守りましょう。

■インフルエンザのおうちケア

もし子どもがインフルエンザにかかってしまったら、おうちで下記のようなケアをしてあげましょう。


【インフルエンザのおうちケア】
1、自宅で水分をしっかりとって安静にする
2、抗インフルエンザ薬(タミフルなど)を内服後はおう吐や下痢などの副作用に注意する
3、インフルエンザの合併症で、異常行動を起こすこともあるので、注意して見守る


インフルエンザは、自然経過で治ることがほとんどなので、安静にすることが一番の治療です。

タミフルなどの抗インフルエンザ薬は、発熱後48時間以内に飲めば、1〜2日早く熱を下げる効果がありますが、重症化や脳症を予防できるわけではないとも言われています。内服後は、おう吐や下痢などの副作用にも注意が必要です。



■予防接種の効果は?

インフルエンザの予防法としては、予防接種があります。予防接種をすることで、病気に対する免疫(抗体)を獲得できます。インフルエンザにかかりにくくなることで、結果的に肺炎や脳症などの合併症の予防効果が期待できます。

赤ちゃんは生後6ヶ月以降で接種できるようになり、13歳未満は原則2回接種が必要です。接種後は、2週目から5ヶ月程度効果があります。

■【インフルエンザ】教えてドクターQ&A

最後に、「教えて!ドクタープロジェクト」にインフルエンザにまつわる悩みにお答えいただきました!

――毎年どうしても家族感染してしまいます。防ぐ方法はありませんか?

インフルエンザの流行の中心は子どもです。子どもも大人も、できるだけインフルエンザワクチンを接種することが大事です。

インフルエンザワクチン接種の有効率は46%とされています(*)。これは、例えばワクチンを打たなければ100人発生した患者数が、ワクチンを打てば54人で済むということです。ゼロにはなりませんが非常に有効なことがわかると思います。

なお、ワクチンは、生後6ヶ月から効果があるとされています。また、卵アレルギーがあってもインフルエンザワクチンの接種は可能ですよ。

――なるほど、予防接種の重要性がよくわかりますね。それ以外の予防法はありますか?

ワクチン以外の予防としては、手洗いと外出時のマスク、すなわち新型コロナ対策はそのままインフルエンザ予防策になります。手洗いは、石けんをつけて20秒かけて、親指やてくび、手のひらなどすみずみまでしっかりと洗うことが大切です。そして洗った後はしっかりと乾かして、夜寝る前にはクリームなどで保湿してくださいね。


イラスト:江村康子



――インフルエンザと風邪、新型コロナウィルスについて、親が見分けられるでしょうか?

医者であっても見分けるのは難しいです。インフルエンザは急激な発熱を伴います。普通の風邪程度では、小中学生にもなるとあまり高熱を出すことはありませんので、風邪との区別はつきやすいかもしれません。

ただ、新型コロナウイルス感染症の場合、発熱することもありますので、見分けることは難しいです。今年はインフルエンザの発熱でも、最初は「新型コロナかもしれない」と慌てることがあるかもしれません。だからこそ今年はよりインフルエンザにかかるリスクを減らして、発熱リスクを下げておくことが大切なのですね。

※本連載で紹介する情報は、2020年11月時点のものです。


(*)PLoS One.2015;10(8):e0136539.


『マンガでわかる!子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK』

(佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクトチーム/KADOKAWA ¥1,430)
赤ちゃん・子どもの病気、ケガ、事故…突然の「どうしよう」この1冊があれば安心!
病院に行く?  行かない? こういう時は様子を見ても大丈夫など、子どもの体の心配ごと、 マンガと解説でわかります。突然起こる子どもの病気、ケガで不安になるときに、親が慌てずに対処するための常備本。


●「教えて!ドクタープロジェクトチーム」とは?

長野県佐久医師会・佐久市による、子どもの病気、ホームケア、地域の子育て支援情報などを発信するプロジェクトチーム。地域の子育て力向上事業としてだけでなく、SNS発信により「医師による確実な情報」を、リアルタイムで全国に発信している。
公式HP:教えて!ドクタープロジェクトチーム


(高村由佳)

タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)