ホーム 子育て > 悪気のないイタズラが招いた最悪の状況…母親を締め出してしまった大事件【中編】【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.18】

悪気のないイタズラが招いた最悪の状況…母親を締め出してしまった大事件【中編】【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.18】

みなさま、いつもお読みいただきありがとうございます。mochiko.です。

1月も終盤ではございますが、新年、明けましておめでとうございます。

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年末から引っ張っていた母を締め出してしまった大事件の中編です。

■内側からしか開けられない鍵をいじってしまった私
悪気のないイタズラが招いた最悪の状況…母親を締め出してしまった大事件【中編】【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.18】
当時の実家の玄関は、昔ながらの引き戸のタイプで、

・外からでも内側からでも開け閉めが可能な鍵
・内側からしか開け閉めができない鍵

の2つがついた玄関ドアでした。

何を思ったか、3歳の私は後者の「内側からしか開けられない鍵」をいじってしまい…

イタズラしている間に鍵が掛かってしまいました
イタズラしている間に鍵が掛かってしまいました。

はい、母は外におります。

しかし、玄関は開きません。

だって私が閉めちゃったから!!

「やっちまった!」という意識は当時の私もあったようで、開かない玄関ドアの中で必死に母を呼びましたが、

完全にパニックに陥って、ギャンギャン泣いている私に母の声は届かず…
完全にパニックに陥って、ギャンギャン泣いている私に母の声は届かず…。

母も私に「さっきと逆に鍵を回して!」「大丈夫! できるから! 泣かないで!」などと必死に指示してくれたのですが、泣き始めると長かった私には効果がなく、どうしようもない状況でした。

加えて、時は平成初期、スマホもなければ「しもしも〜?」なドデカいバッグのような携帯電話も、わが家にはありませんでした。
 
 

■どうにもならない状況に陥った母は…!?
どうにもならない状況に陥った母と私
ご近所さんとはすごく仲良く付き合っていたのですが、運悪くこの時は外出中。

さらに、父にどうにか連絡がついたとしても、電車で片道1時間ほど離れた場所へ仕事に行っていました。

このままの状況が最短で1時間となると、いくら強い母でもメンタルが持ちませんし、私も次は何をしてしまうか…まったく誰にも予想がつかない状況でした。

そこで、母はとある作戦に出ました…!

次回へ続きます。


 
 
(mochiko.)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)