ホーム 子育て > 自分の「好き」を大切にする! 私が2021年にチャレンジしたいことは…!?【ありまの子育て日記】

自分の「好き」を大切にする! 私が2021年にチャレンジしたいことは…!?【ありまの子育て日記】

あけましておめでとうございます。ありまです。

新年なので、抱負を述べさせていただきます。

私の2021年の抱負は、『母親の私』じゃない『ただの私』が好きなことを楽しむ』です。

■母になってから華やかさよりも機能性を求めるようになったが…!?
母になってから華やかさよりも機能性を求めるようになったが…!?
母になって、華やかさよりも機能性を求めるようになりました。

ヒールよりもスニーカーを履いて安心して歩きたいし、メイクして、高くてきれいなワンピースを着るより、すっぴんで1000円のトレーナーを着て汚れを気にせずにいたい。

きれいでいるよりも、意心地がいいものに囲まれている自分の方が肉体的にも、精神的にも楽でした
きれいでいるよりも、意心地がいいものに囲まれている自分の方が肉体的にも、精神的にも楽でした。

長い髪でヘアアレンジを楽しむよりも、短めの髪で手入れを最小限に抑えたい。

美容院を予約したのも、そんな理由からでした。

伸びっぱなしだった髪は、美容師さんの手によってザクザクと短くなっていきました
伸びっぱなしだった髪は、美容師さんの手によってザクザクと短くなっていきました。

美容師さんは、私の髪をふわふわと巻いて、リボンをつけてくれました
美容師さんは、私の髪をふわふわと巻いて、リボンをつけてくれました。

嬉しくて笑顔になる私を見て、
 
 

■『母親だから』という言葉で自分の行動を制限していたと気づいた
『母親だから』という言葉で自分の行動を制限していたと気づいた
そう言ってくれました。

その言葉を聞いて、心を見透かされたようで、ハラハラと泣いてしまいました。

たしかに産後は時間も気力もなかったし、居心地のいいものを進んで選択してきたけれど、心のどこかで、ちゃんとしたお母さんに見えるようにしなくちゃ、『自分に構えないくらい必死でやっている感』を出さなきゃ、誰に何を言われたわけでもないのに、そんな風に思って、鏡に映るボロボロの自分を見て、自分で安心していたような気がします。

髪を切って頭が軽くなった、それ以上に、心がすぅっと軽くなりました
髪を切って頭が軽くなった、それ以上に、心がすぅっと軽くなりました。

『母親だから』という言葉で自分の行動を制限して、自分の輪郭がぼやけてしまわないように、『私』が好きなことも忘れないようにしなければ、と気づいた出来事でした。

今までどおりに、自由に外に出られられるようになる日が待ち遠しいです
今までどおりに、自由に外に出られられるようになる日が待ち遠しいです。



フェリシモさんから、ありまが発案したハーネス付きリュックが発売されました。

その名も「大きなカブのみなさんと一緒!ハーネス付きリュック」

その名も「大きなカブのみなさんと一緒!ハーネス付きリュック」
子供も親も、周りの人もふふふと笑ってしまえそうなユーモアのあるアイテムです。

(ありま)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)