ホーム 子育て > まさか添い寝卒業!? 娘の寝室独立カウントダウンに涙して気付いたこと【ムスメちゃんとオコメちゃん 第102話】

まさか添い寝卒業!? 娘の寝室独立カウントダウンに涙して気付いたこと【ムスメちゃんとオコメちゃん 第102話】

ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

我が家の長女ムスメは、4月からいよいよ小学生です。きっとリビング学習になるだろうし、学習机の購入は考えていないのですが、寝室の独立、すなわち「1人で寝る練習」はそろそろかな…? ということで、自分のベッドを買うことを提案してみました。

我が家の長女ムスメは、4月からいよいよ小学生です。そろそろ、1人で寝る練習を始めてもいいかなと思い、姉妹用にベッドを購入しました。

まさか、すんなりママ抜きで(部屋にはいたけど)寝てくれるとは…!

正直、予想外過ぎて、私も落ち着かないまま自分の寝室へ行きました。そこで思い浮かぶのは、これまでつらいと思ってきた思い出ばかりで…。



ベッドが来た初日、子ども部屋ですんなり就寝した姉妹に動揺し、寂しくなってしまった私…。

夜中、誰かが呼んでるな…と思って目を覚ましたら、泣き顔の姉妹が2人そろっていました。

気が抜けるやら、眠いやら。でもそれ以上にちょっと嬉しくて。ダメですね。一番寂しがっていたのは間違いなく私。

心の準備ができていませんでした。

と、今回の出来事で、ありきたりではありますが、身に染みたことがありまして。


この夜の出来事から、つらいことも楽しいことも、育児は期間限定なのだと実感。改めて、育児を目いっぱい楽しもうと誓ったのでした。


何気ない毎日も、1人の時間がないのも、本当に期間限定なんだなぁと。

つらいことも、逃げ出したくなることもたくさんありますが、過ぎてからは決して戻らないことだと、当たり前のことではありますが、今回身に染みて感じました。

結局、初日以外は2人とも新しいベッドで寝られていませんが、今だけの添い寝を、もう少し堪能したいと思います。
(koyome)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)