ホーム 子育て > 文句を言い逃走するマリー、あまりにひどい態度についに私は…【娘が夜驚症になった話 Vol.3】

文句を言い逃走するマリー、あまりにひどい態度についに私は…【娘が夜驚症になった話 Vol.3】

■前回のあらすじ
幼稚園の送迎中に走り出したマリー。追いかけて注意すると突然怒り出し…
















ふ、ふ、「ふーーんだ!」??? え? 私が一体何をした?! 訳がわからない汗だくの私。

前回とまったく同じ展開ーー!! なんなのーーー!

車が全然通らない田舎道、だけどたまに60kmで飛ばしてくる車もある、農家のトラクターが走って来たりもする、そのたまにの車にぶつかったら、大変な事になる。

ましてや人様の子どもに…と、想像するだけで脂汗が出てきます。気軽に考えていた代わりばんこの送迎、楽しいけど、子どもを預かるって、命を預かるってことなんだな、って走りながら気がついたアホアホな私でした。

次に続く
本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(ケイコモエナ)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)