ホーム レシピ > 甘さと塩気のバランスが絶妙! 「サツマイモのトマトクリームペンネ」

甘さと塩気のバランスが絶妙! 「サツマイモのトマトクリームペンネ」

ほっくりした秋の味覚、サツマイモ。

甘さを生かした天ぷらや煮物、スイーツもおいしいですが、塩気のきいたソースとも、これまたよく合います。

ニンニクを効かせたトマト味のペンネは定番ですが、そこにサツマイモのホクホクの食感と甘さが加わることで、皿上は一気に秋の装いに!

最後にクリームを加えて、とろみをつけた濃厚なトマトクリームソースは、家族みんなの好きな味。

サラダとワインを添えれば、ちょっぴりよそゆきのおもてなしランチレシピにもなりますね。


■サツマイモのトマトクリームペンネ

調理時間20分 668Kcal


レシピ制作:料理家 保田美幸



<材料 2人分>
サツマイモ 1/3〜1/2本
ソーセージ 3本
ニンニク(みじん切り) 1片分
水煮トマト(缶) 200g
白ワイン 大さじ2
オリーブ油 大さじ1
ペンネ 120g
?塩 12g
生クリーム 80ml
塩 適量
バジル(生) 適量
粗びき黒コショウ 適量
粉チーズ 適量


<作り方>
1、サツマイモは皮をむき、小さなひとくち大に切って水に放ち、白濁したらザルに上げる。ソーセージは厚さ1cmの斜め切りにする。

2、フライパンにオリーブ油を熱し、サツマイモ、ソーセージ、ニンニクを炒め、香りがたったら水煮トマト、白ワインを加え、フライパンに蓋をして弱火で蒸し煮にする。

3、鍋に湯を沸かして塩12gを加え、ペンネを表示の時間より2分短くゆでる。

4、ペンネと生クリームを(2)のフライパンに入れ、トロミがつくまで強火で煮る。塩で味を調えて器に盛り、バジルをちぎって散らし、粗びき黒コショウ、粉チーズをかける。


ペンネは表示時間より短めに茹で、最後にフライパンでソースと一緒にとろみがつくまで火を加えるのがポイント!

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R