ホーム 子育て > 全面的に非を認め親権を譲ると言ったキュラ子 突然家にやってきて…【シングルファーザー離婚戦争記 Vol.23】

全面的に非を認め親権を譲ると言ったキュラ子 突然家にやってきて…【シングルファーザー離婚戦争記 Vol.23】

■前回のあらすじ
始まった調停委員との話し合い。さつ丸は親権をとるために、一生懸命主張しました。
















キュラ子は全面的に非を認め、親権はさつ丸の手に。しかし、次の調停を待っていたある日、さつ丸の留守中に突然家に来たキュラ子。

外から大声で長男を呼び続け…。一体何を考えているのか。

次回へ続く



(ゆっぺ)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)