ホーム 子育て > 「おしまい」と言われるまでテレビを見続ける子どもたち わが家が導入した視聴ルール! 【ひなひよ育て 〜愛しの二重あご〜 第61話】

「おしまい」と言われるまでテレビを見続ける子どもたち わが家が導入した視聴ルール! 【ひなひよ育て 〜愛しの二重あご〜 第61話】

テレビ番組だけじゃなく、アニメ専門チャンネルや動画サイトなど“視聴する娯楽”があふれている現代。

もちろんわが家の子ども達も、テレビが大好きです。

親としても、ちょっと休憩したい時に子ども達がテレビを見ていてくれると助かるのが正直なところ。

ただ、見せっぱなしにするわけにもいかないので、「長時間見てるな〜」と思ったら声をかけてやめさせていました。

■ルールを定めることになったきっかけ


上限時間を設けるわけではなく、その時その時で「じゃあ今から何分までね」「そろそろ終わりね」などと決めていたのですが、そのことである日問題が発生。

お休みの日に、割と長くテレビを見ていたひなひよ。

私はその時用事をしていたので、なぁなぁにしてしまっていたんですが、夫が一喝。


子ども達的には「いつもみたいに“もうおしまい”って言われてないから、まだ見ててもいいんだろう」という考え。

しかし平日どうしているのか知らない夫は、何も考えずにずーっと見続けているだけだと思ったようで…。

そこの部分の説明はしたのですが、今後のためにもきちんとルールを決めた方がいいだろうということで、上限時間を設けることにしました。

その方法は…



■手軽にできるわが家のルール!

上限時間をセットしたタイマーを、テレビの横に置いておく。

テレビを見始めた時にスタートボタンを押して、やめる時にストップするというルール。

なぜならば、目に見える形で時間をはかっておかないと絶対またなぁなぁになるから…。

「大人しくテレビ見てるし、まだいっか〜」になるのがわかりきっているからです。

始めたばかりなので必要に応じて条件を変えたりするかもしれませんが、ひとまずこのルールで様子を見る予定です。

そして親子間でルールを守ることはもちろんですが、またすれ違いが起きないように、その都度夫婦間でも共有していきたいと思います!
(imo-nak)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)