ホーム 子育て > 母は理解してくれる…?/パニック障害を周囲の人に伝えるには【パニックにゃんこ Vol.14】

母は理解してくれる…?/パニック障害を周囲の人に伝えるには【パニックにゃんこ Vol.14】


前回のあらすじ
パニック障害の私が「周りの人にしてもらって嬉しかった対応」とは…?

パニック障害でなくても、精神疾患に罹った場合周りの人に話すかどうか、というのはためらう人が多いかと思います。

私の場合は地元から引っ越し後に発症したため、知っているのは夫のみ。なのでパニック障害になってからも半年くらいは誰にも伝えずにいたのでした。


ただでさえ、パニック障害になってしまったことだけでもショックなのに更に周りに理解もされず引かれるのみだったら…
と思うと怖くてなかなか言えませんでした。



母はとても明るくさっぱりした人物なのですが、そのさっぱりとした性格ゆえ時々悪気なくはっきりモノを言うことが今までも多く…。

そして「昔は良かったわ〜」などを言いがちで、古い考え方をするタイプなので、何を言われるか怖くてメンタル落ちてる今はとてもじゃないけど言えない…。

と言う感じで、なかなか伝えられずにいました。


しかし長い間実家に帰ってこない私に対して、どうしたのかと問い詰められ…これは逃げられないなと腹をくくり伝えました。

告白したあとの静かな間が本当に長く感じられ、緊張して心臓が飛び跳ねていました…。


しかし母は予想外にもあっさりと理解をしてくれました…!!
母に対して失礼ながら、偏見の塊人間だなと思っていたのでこれには驚きました。


これも全て母がテレビっ子だったおかげ…!
テレビの言うことは全て信じ込む母です(笑)

私も確かに以前はパニック障害なんてどんな病気かも知りませんでした。

今は芸能人などの有名な方が公表してくれることによって、偏見が少しずつ減ってきているなと思っています。
こんなことならもっと早くに話せば良かった…母よ…!!


しかしやはり身内には話せても、友人はもっと話しにくい。
どうするか葛藤しまくり、ひたすら悩む日々が続きました…。

次回に続く!

『パニック障害とは』
理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、手足の震えといった発作が起こり、そして発作が繰り返されることで、発作に襲われることに対する不安を感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってしまう症状です。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。

(鳥頭ゆば)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)