ホーム 子育て > まずはお互いのキャラクターを知ろう! 共働き夫婦の家事分担【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第30話】

まずはお互いのキャラクターを知ろう! 共働き夫婦の家事分担【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第30話】

ウーマンエキサイトの読者のみなさん、こんにちは。ちょっ子です。

今回は我が家、共働き夫婦の家事分担についてのお話です。

まず私たち家族は…
在宅ワークの共働き、子どもは息子・きゃん太(小学3年生)ひとりだけ。

夫婦のキャラクターはこんな感じです。

まず私。

ポンコツなりに私が担当しているのは主に料理(準備・後片付け含む)、洗濯(干す、取り込んで畳むことを含む)。そして生活用品の補充など最近「名もなき家事」と呼ばれるようなこと。

そして夫。

元々、私よりも家事向きの性格だと思います…。
夫の担当は家中の掃除(エアコンや空気清浄機のフィルターなども)、車の運転、お金の運用や保険関係の管理など。

家事実働時間は私の方が多いと言えますが、仕事は夫のほうが忙しいのと、私が苦手なこと、責任の重いことを夫が担ってくれているので、私に不満はありません。

しかも私が担当であるはずの料理も、休日は夕食のメイン作りを夫が代わってくれることが多いです。



他の家事もやろうと思えばたいてい私より要領よくできる夫。
妻がいないと何もできない男性じゃなくて本当に良かった…と思いつつも、私も一応主婦の端くれとして、プライドが軽く傷ついてしまうこともあります。

でも、私にできて夫にはできないこともあるんです。それは…

例えば、掃除は得意な夫ですがなぜか物を捨てたり整理整頓するのは苦手です。対して私は掃除は苦手だけど整理整頓はスイッチさえ入れば結構できる方なので、時々夫の物の整理を手伝います。




そしてもう一つ、
なぜか夫は器用なくせに綺麗にTシャツをたたむことだけができません。




まあささいなことなのですが、こういうところでここぞとばかりにドヤることで主婦としてのプライドをかろうじて保っています。

家事にもお互い得意不得意はあって当然、完璧を目指さなくとも手を抜いたり頼りあったりして、家庭内環境をほどほどにキープしていけたらと考えています。
(ちょっ子)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)