ホーム 子育て > 保育園を転園することになり大号泣! 保活を通じて感じたこと 〜初めての保活レポ(6)〜【子が育ちめいも育つ Vol.17】

保育園を転園することになり大号泣! 保活を通じて感じたこと 〜初めての保活レポ(6)〜【子が育ちめいも育つ Vol.17】

このお話は、2016年に作者のめいさんが保活をしていた頃のお話です。
■前回のあらすじ
保育園にも慣れた頃、保護者会が開かれることに。そこで、今まで不安や心配だった気持ちが一変したのです。

そんなこんなで息子を預けて1年が経とうとしていました。当時息子は2歳。

息子が通っている保育園は保育対象年齢が3歳までなので、この園に通えるのはあと1年。あと1年は通えると思うか、あと1年しか通えないと考えるかで私は悩んでいました。

保育園の先生方とは良い関係だし、園の環境にも親子共々慣れてきた。息子も毎日楽しいと言って通っている。できれば通えるだけ通いたい。

でも来年には間違いなく再び保活をすることになる。

うーん…。


散々迷った結果、今年は落ちてもいいぐらいの気軽な気持ちで、6年制の保育園に申し込みをしておいて、落ちてしまったら今の保育園にもう1年お世話になることにしたのです。

転園希望の園は1年前に落ちた第一希望の園。我が家からわずか5分足らずで通える超良好物件。(今の園は徒歩15分ほど)

去年の全落ちの敗因は新規受け入れ人数の少なさだったけれど、それはあくまで1歳児の話。2歳になる年の4月というのは、引っ越しや転園をするご家庭もあるため、新規受け入れ数が上がるらしいと聞き、今回は第一希望の園のみに転園申請をしてみたのです。

さぁどうなるか? とドキドキしながら結果発表の日を迎えると…。

結果は内定!!!!
超人気保育園なだけに「あれー!? 受かった…」と静かに驚く私。


あっけなく受かった嬉しさと、今の園をあと数ヶ月で卒業する寂しさが一気に押し寄せてきました。

翌朝夫が息子を保育園に送っていく際に、転園することを先生方に伝えもらい、私はその日の夕方改めて先生方にお知らせしようとすると、息子の担任の先生の方から切り出してくれました。

「息子くん、転園するとお父様から聞きました」

「そうなんです。この保育園気に入っていたのでとても迷ったんですが、後々のことを考えて6年制の園に移ることになりました」と何だか先生の顔をちゃんと見ることができないまま早口に話す私。

「迷ってくださったんですね。それは止められないなぁ…」と言っている先生の目には涙が。


その涙を見て私も一気に涙腺が崩壊。

「うわーん! 先生ここ6年制にしてください〜!!」と無理なことを言いながらのご挨拶となりました。


数ヶ月後、息子は1年お世話になった園を卒業。

登園最後の日にお迎えに行くと、担任の先生をはじめ園長先生、栄養士さん、サポーターの先生みんなが、わんわん泣いて「息子くん〜大きくなるんだよ〜。1年間楽しかったよ〜」と息子を抱きしめている姿を見て、私もわんわん泣き、園の入り口付近を通りかかる人たちに不審な目で見られてしまいました。


卒業して半年くらい経ったある日、息子に保育園での思い出話をすると、急に先生たちに会いたくなったらしく、連日「〇〇先生に会いたい!」とせがむので、保育園に電話をして少しだけ息子と再会する時間をいただけることになりました。

この時期の子どもの成長は著しく、半年見ないだけでかなり外見が変わるようで、成長した息子を見て先生方はまた号泣。

「まだ半年しか経ってないのに懐かしいよ〜! 会えて嬉し〜!!」ととても喜んでくれました。

息子はまだ2歳。この世に生まれてまだ2年なのに、息子がいることでこの先生方と出会えたことが、不思議だしとても嬉しく思いました。

こんなことを言ったら語弊があるかもしれないけど、初めての保活で希望の園に全落ちしたことは良かったのかも、と思えるぐらい、良い園だったと思います(半年ほどいろいろ疑ってしまいごめんなさい…)。

設備や環境が良いということではなく、限られた環境下で精一杯子どもの成長をサポートしようとしてくださった先生方の姿勢が素晴らしかったです。

もちろん環境も設備も素晴らしく、先生も文句なしの満点な園も存在すると思います。我が子を預ける園ならば妥協したくない、良い環境で過ごしてほしい、100点であって欲しいと思うことは当たり前のことだと思います。

ですが、保活においては必ずしも希望の園に入れるわけではなく、満点ではない場合も多いと思います。

そういった時は、自分も保育園をよりよくするメンバーの1人だと意識すると、園の印象が変わってくるかもしれません。私はその意識が薄かったために半年近くも1人でモヤモヤした時間を過ごしてしまいました。

満点でなくても必ずどこかに長所がある、不安や心配ばかりに目を向けるのではなく、自ら参加していくことで不安や心配は解決していける(全てではないですが)、今回の保活でそう感じることができました。

私の経験がどなたかのお役に立てたら嬉しいです。子どもに関する選択は大変ですが、共に頑張りましょう〜!

以上、私の保活レポでした!

※本連載で紹介する情報は、2016年時点のものです。
※詳細は住んでいる自治体の役所にご確認ください。

(めい)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)