ホーム 子育て > 母の自慢の娘だった私が引きこもりに…無職で肩書をなくした恐怖が引き金に【親に整形させられた私が、母になる Vol.51】

母の自慢の娘だった私が引きこもりに…無職で肩書をなくした恐怖が引き金に【親に整形させられた私が、母になる Vol.51】

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
「俺のせいにするのはおかしい」母に言われたのと同じセリフを彼に告げられる。相手の望みに従わないと愛されないと思いこんでいた私は、自分の考えが歪んでいることにまだ気づけなかった…。

■私の存在価値が見当たらない…

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる



親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


今まで目に見えるステータスこそが自分の価値だと信じてきた私にとって、それがなくなるということは、「自分の存在価値がなくなった」と同じことでした。

どこにも所属していない、美しさもない…そんな自分は価値のない存在だと、このときは信じ込んでいたのです。

それなのに一緒にいてくれるトシさん。
「自分のせいで私を退職させてしまったから、罪滅ぼしで一緒にいてくれている。でも数年したら私は捨てられるんだろうな…」
そんな風に思っていました。

なぜならステータスのない私なんて誰にも愛してもらえるはずがない…と思い込んでいたから。

でもそう考えれば考えるほど、トシさんに申し訳なくて、「早く仕事を始めなくちゃ」と気持ちだけは焦るけれど、体も頭も思うように動いてはくれず、ツラい日々を過ごしていました。

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


(グラハム子)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)