ホーム 子育て > 感情を子どもにぶつけ過ぎていませんか? 叱る時のわが家のルール【パパン奮闘記 〜娘が嫁にいくまでは〜 第103話】

感情を子どもにぶつけ過ぎていませんか? 叱る時のわが家のルール【パパン奮闘記 〜娘が嫁にいくまでは〜 第103話】

子育てをしていて一番難しいと感じるのは叱ることではないでしょうか?

子どもを3人育ててきて、自然とできたわが家の叱りについてのルールを今回漫画にしてみました。


“怒り”と“叱り”についての境界線が曖昧で、わが家も後で反省することも多いです。

そのなかで「愛情を持って指導できるか?」、「一方的で行き過ぎた指導をしてないか?」がポイントだと思っています。


行き過ぎた体罰で起きた悲しい事件も少なくありませんから、叱る時は特に気を使うところです。


叱らない側の親も言いたいことがあってもグッとこらえ、叱る側の親に行き過ぎた発言や行動がないか冷静にチェックするようにしています。


親にフォローされることで、子ども自身も素直になれたり、なんで叱られたのかを理解しやすくなるのです。


恐怖政治の子育てでは、子どもの心の気づきには繋がりません。

その都度子どもの目線になって、間違いについて一緒に理解を深めることが大事だと思うのです。
(柏原昇店)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)