ホーム 子育て > 「へ? この激痛のタイミングで?」 優しい助産師さんから衝撃の提案【出産のキロク Vol.6】

「へ? この激痛のタイミングで?」 優しい助産師さんから衝撃の提案【出産のキロク Vol.6】

■前回のあらすじ
陣痛が強くなり、呼吸が乱れ出したため酸素マスクを付けることに。するとある記憶が蘇り…。








内診が拷問だったけれど、何よりも早く分娩台に行きたすぎて内診を懇願していました。

母と夫がそれぞれ腰をさする係、尻を押す係になってくれてたのですが、今考えたら何時間もよく付き添ってくれたよなあ〜と思います。

その時は、1秒も手を止めないで! 離れないで! と思ってたけど(笑)。








導尿というものが痛いと聞いていたけど、陣痛の方が数万倍痛かった。そりゃそうか。

助産師さんって毎日こんな仕事して本当、凄い…(語彙力)。

次回に続く
本記事はあくまで筆者の体験談で、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(harumama)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)