ホーム 子育て > 気付けばこんなに成長していたね! 小さくて心細かった長女が成長した園での3年間【猫の手貸して〜育児絵日記〜 Vol.30】

気付けばこんなに成長していたね! 小さくて心細かった長女が成長した園での3年間【猫の手貸して〜育児絵日記〜 Vol.30】

ウーマンエキサイトをご覧のみなさま、こんにちは!

6歳の長女と今月3歳になった次女を育てております、ぴなぱと申します。

早いもので、もう3月になってしまいましたね。3月と言えば卒業シーズン。わが家の長女も、通っていたこども園を今月卒園します。

今回はそんなこども園での3年間を振り返ってみたいと思います。

3年前、同じこども園の保育部から進級する形で年少さんになった長女。

初めは制服にも慣れず、荷物を自分で持つこともできず、毎朝こども園まで連れていくことすら大変でした。



生まれたばかりの次女を抱っこした状態で荷物を持ち、道の途中で歩かなくなってしまう長女をおんぶしてどうにか園まで運んでいく日々。

こんなのがいつまで続くんだろう…と途方に暮れていたけど、いつの間にか1人で最後まで歩けるようになり、よちよち歩きの次女の手を引いて一緒に歩くようになり、今は私と次女が乗る自転車の横を走ってこども園まで通っています。

あんなに長く感じた園までの道が、今はあっという間。






保育部の時は毎朝バイバイができず泣いていた長女。年少さんに上がってからは泣くことはほとんどなかったものの、それでも門をくぐる時と教室に入る時にはなかなか足が進まず、止まってしまっていました。

今は自分からさっさと門をくぐり、玄関でお友達に会えば手を取り合って、私の方を振り返ることもなく教室まで行ってしまいます。



年少さんの時、当時の年長さんでいつも優しくしてくれていた子が卒園してしまうのが寂しいと泣いていました。

まだ字はほとんど書けなかったけど、知っているひらがなを一生懸命並べてお別れのお手紙を書きました。

自分が年長さんになった今、預かり保育で一緒になる年少さんの面倒をよくみてあげているそうです。

私もお迎えに行った時に年少さんの子たちから話しかけられたり、年少さんのお母さんから「いつも遊んでもらってるみたいで…」と言ってもらうことがあり、慕われているんだなと感じます。

自分が大好きだったお姉さんみたいな年長さんに、しっかりなれたんじゃないかなと思います。




3年間で身長は25センチ伸びました。制服は詰めていた丈を解いてもなお足りないくらい短くなりました。身体も心も、3年間でとってもとっても大きくなりました。

長女本人ももちろんたくさん頑張ったと思いますが、お世話になった先生方や、仲良くしてくれたお友達には感謝してもし足りません。長女に寄り添い、励まし、一緒に歩んでくれる園に通えて本当によかったと思っています。


4月からは小学生。きっと小学校の6年間でも、私の想像が及ばないくらい成長していくんだと思います。

これからまたたくさんの人に出逢い、たくさんのことを学び、時には悩みながら、とにかく元気に長女らしく成長していってくれたらなと思います。
(ぴなぱ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)