ホーム レシピ > ユズの爽やかな香り カブのサッパリ甘酢和え

ユズの爽やかな香り カブのサッパリ甘酢和え

旬を迎え、やわらかくみずみずしいカブ。冬は、甘みがグンとアップする気がします。生でも、茹でても、焼いてもおいしいですが、今回は、実も葉も余さず食べられる、こちらのレシピをご紹介します。

塩揉みしたカブと葉を甘酢とユズ汁で和えた一品は、さっぱりした味わいで、食事の箸休めに最適です。お好みの柑橘汁を使ってもおいしくできあがりますよ。

彩りが美しいので、副菜として常備しておくと重宝しそうです。


■カブのサッパリ甘酢和え

調理時間10分 1人分35kcal


レシピ制作:E・レシピ


<材料 2人分>
カブ(小) 1〜2個
カブの葉 1/2個分
塩 適量
<合わせ酢>
?作り置き甘酢 小さじ1.5 
?ユズ汁小さじ 1.5
ユズ皮 適量

(※)作り置き甘酢の作り方はこちら
http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/3b255aac9fa973373dc1e70fbe902e60.html

<下準備>
・カブは葉の部分を切り落として皮をむき、きれいに水洗いして細切りにする。

・カブの葉は塩を入れたたっぷりの熱湯でサッとゆで、水に取る。粗熱が取れたら水気を絞り、長さ3cmに切る。

・ユズ皮は内側の白い部分を削ぎ落とし、細切りにして水に放ち、水気をきる。

<作り方>
1、カブ、カブの葉を合わせ塩で軽くもみ、しんなりしたら水気を絞る。<合わせ酢>の材料をからめて器に盛り、ユズ皮をのせる。


寒い季節は、作り置き甘酢の砂糖を多めにするとこっくりとした味わいが楽しめます。
作っておくといろいろな料理に使えるので、こちらも常備しておくと便利ですよ。

(ジェイ真葉)

シェア Google+

関連記事

P R