ホーム レシピ > お鍋でコトコト煮れば完成! キンカンのコンポート

お鍋でコトコト煮れば完成! キンカンのコンポート

皮ごと食べられて、苦みと甘さが絶妙なおいしさのキンカンが、旬を迎えています。キンカンといえば、そのまま食べるか甘露煮がポピュラーですが、今回はオシャレにコンポートへとアレンジ。

お鍋で煮るだけで簡単に作れますが、白ワインやバニラビーンズを使っているので、味わい深い、贅沢な仕上がりに。朝食やデザートとしてはもちろんのこと、肉・魚料理のメインディッシュの付け合わせや、ヨーグルトのトッピングとしてもおいしくいただけます。

種を取るひと手間を加えるだけで、とっても食べやすくなりますよ。

■キンカンのコンポート

調理時間30分


レシピ制作:パティシエール・料理家 河田麻子


<材料 4人分>
キンカン 1パック(1パック13〜15個入り)
白ワイン 200ml
水 500ml
グラニュー糖 125g
レモン(スライス) 1枚
バニラビーンズ 1/4本


<作り方>
1、キンカンはひとつひとつ丁寧に洗い、ヘタを取って横半分にカットし、中の種を取り除く。


2、白ワインを鍋に入れて火にかけ、沸騰させてアルコール分を飛ばし、水とグラニュー糖を加えて再び沸騰させる。


3、(2)にキンカンとバニラビーンズ(サヤに切り込みを入れる)、レモンを入れ、紙の落とし蓋をして15〜20分煮る。


4、竹串を刺してみて、串がスッと通るくらいになったら火を止め、ボウルなどに移して氷水にあてて粗熱を取り、冷蔵庫でよく冷やす。


キンカンのコンポートは、冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。キンカンの選び方は、色が濃くツヤがあるもの、皮の表面が張っているものを選んでくださいね。


(ジェイ真葉)
シェア Google+

関連記事

P R