ホーム 子育て > 「本当は大丈夫じゃない」ついに我慢していた涙が溢れ出した【最悪な日。 Vol.11】

「本当は大丈夫じゃない」ついに我慢していた涙が溢れ出した【最悪な日。 Vol.11】

■前回のあらすじ
すれ違った女の人が声をかけてくれて、自転車と荷物を家まで運んであげると言ってくれました。



■我慢していた涙が溢れ出す…




私の気持ちを一瞬で察知して行動してくださった女性。本当に感謝しかありません。

私がこの人の立場だったら、「大丈夫」と言われた時点できっと引いてしまうでしょう。相手の裏の気持ちに気付いたとしても、それを見ず知らずの自分が一歩踏み込んで確かめられる勇気はないだろうなぁと。

きっとこの女性も私と同じような経験をしてきて、どうしようもない気持ちになったことがあるんだろうなぁと思いました。

■もっと周りに頼っていいことを知った




私は涙でうまく話せなくなってしまったのですが、この女性の行動はとても的確でした。マンションの場所や管理人さんの有無、自転車はエントランスに置いておくけれど、鍵はきちんと閉めて管理人さんに荷物と共に渡しておくことなど、私が後で困らないようにしてくれました。

強くて優しくて、同じ女性としてとても憧れます!

次回に続きます。

(わさび)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)