ホーム 子育て > 褒められると泣く子の「ほめルール」 どう伝えればいい?(前編)【「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! Vol.1】

褒められると泣く子の「ほめルール」 どう伝えればいい?(前編)【「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! Vol.1】

この漫画は書籍『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! 親子のコミュニケーション、試行錯誤中!』(著者:さざなみ)の内容から一部エピソードを掲載していきます。



褒められると泣く2歳の娘さん。褒めているのになぜ…と戸惑いながらも、元保育士である実母からのアドバイスをヒントに、どう褒めたらいいのか、さざなみさんは試行錯誤を始めます。

そして、さざなみさんが辿り着いた娘さんのための「ほめルール」とは?

次回に続く(全5話)
『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい!』は毎日17時更新!
『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい! 親子のコミュニケーション、試行錯誤中!』
著者:さざなみ(KADOKAWA)¥1,100(税込)

我が子とはいえ、好みも感じ方も自分とは違うひとりの人間。目の前にいたとしても、どんな気持ちでいるのか、本当のところは分からない。それでも何とかお互いの心を通わせたくて、さまざまに思いを巡らせた、もの思うママ・さざなみさんの等身大育児エッセイマンガ。


イラスト:(C)さざなみ/KADOKAWA


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)