ホーム 子育て > 家にいるほうがやるべき? 子どもの成長とともに変化したわが家の家事分担【双子育児まめまめ日記 第30話】

家にいるほうがやるべき? 子どもの成長とともに変化したわが家の家事分担【双子育児まめまめ日記 第30話】

ウーマンエキサイトのみなさまこんにちは。ぐっちぃです。

今回は「夫婦の家事分担」ということで、わが家の分担歴史をざっくりと描き起こしてみました。

■ 家事は家にいるほうがやるのが当たり前? あきらめモードの頃

わが家は、夫が会社員、わたしが家でイラストの仕事をしています。

同じ「仕事をしている」といえども、やっぱい家にいるほうが家事をする負担が大きいなと感じていました。

その分担割合がこちら。



家事負担のバランスがおかしいと思いながらも、

「まあ今までやってきたし」
「夫に相談する気力がない」

と、半ばあきらめモードで続けていました。

■ しかし、あることがキッカケで夫が家事をするように

これは以前にも描いたんだけど、ある日たまたま聴いていたラジオがキッカケで、少しずつ家事をしてくれるようになりました。



本当にラジオがきっかけだったかどうかは本人に聞いてないんだけど、「夫婦で分担を決めよう」と話し合うだけじゃなくて、第三者からの言葉で意識が変わるっていうこともあるんだなと勉強になりました。

もちろん、忙しい日は手の空いてるほうがやるスタイルではあるけど、休日の家事負担はだいぶ減ってきたことはよかったです。


■ その後、休日の家事がほぼ夫の担当になった出来事
 
そこから、休日の家事がほぼ夫担当になった出来事がありました。

それがこれ。

習い事

今は週5でバレーボールを習っているんだけど、休日は丸1日練習なんて日もあって、わたしは送迎&手伝いで手いっぱい。




これによって変わった、夫婦の家分担事はこちら。


結局はわたしのズボラさが原因ではあったけど、子どもの成長とともに、夫婦の家事分担が自然と変化していくこの流れはよかったなと思っています。

なんでもかんでも全部自分でやろうとせず、夫に「全部任せる」っていうのもアリだなと思いました。

むしろ夫も、わたしが見ていないほうが自分のペースで家事できるからよかったみたいです。

あえて家を空けるっていうのも手ですね!

(ぐっちぃ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)