ホーム 子育て > 園でこっそり泣いていた次女、その後初めて報告してくれたこととは…? 〜お気楽次女の強がり:後編〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第114話】

園でこっそり泣いていた次女、その後初めて報告してくれたこととは…? 〜お気楽次女の強がり:後編〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第114話】

毎日幼稚園で泣いていると先生に教えてもらいつつも、何も話してくれない次女オコメに、何もできずに見守るしかなかった毎日でしたが、ある日、帰り道でオコメがいつもより笑顔でバスから降りて来ました。

▼前回のお話
なぜ幼稚園で泣いてしまうのか? 本人は詳しく話したがらず… 〜お気楽次女の強がり:中編〜【ムスメちゃんとオコメちゃん 第113話】



幼稚園で泣いているオコメに何もしてあげられず、どうしたらいいのか悩んでいた私。ある日、幼稚園バスから降りてきたオコメの顔がいつもと違って…。


徐々に楽しかったこと、おもしろかったことは報告してくれるようになりました。

先生いわく、まだ泣いていることもあったようですが、そこに関してはオコメからは話してこなかったので、触れないようにしていました。しかしこれがなかなか難しい! 「今日も泣いたの?」とついつい聞きたくなってしまうのを我慢するのは大変でした。



ポジティブな報告が少しずつ出てきたある日、突然ネガティブな報告も始まった…!

本当につい最近の話ですが、やっと、ネガティブな話も時々話してくれるようになりました

幼稚園生活にも少しは慣れて、落ち着いてきたのかな、と思います。

入園するまでは、オコメの行動は全部私が見ている前でのこと。きっと、「自分のことをママに報告する」ことにも慣れていなかったのではないかと思います。

給食が始まって、泣き言が増えたことが原因のひとつかもしれませんが、少しずつ愚痴も言ってくれるようになって少しホッとしました。

今ではすっかり、私だけでなく夫や長女にもマシンガントークでいろいろと報告しているようです。

たった1ヵ月ほどの間のことでしたが、とてもヒヤヒヤした期間でした。

長女に続いて2回目の入園でしたが、いつまでも子育てに慣れることはありませんね。これからも、安心して話せる環境であってほしいなぁと思います。
(koyome)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)