ホーム 子育て > 繊細なムスメも小学生! 初日は泣きながら帰宅…でも成長を感じた話【ムスメちゃんとオコメちゃん 第115話】

繊細なムスメも小学生! 初日は泣きながら帰宅…でも成長を感じた話【ムスメちゃんとオコメちゃん 第115話】

ウーマンエキサイト読者の皆さま、こんにちは。

我が家の姉妹が入園、入学して早ひと月半ほど。朝の支度にも慣れてきて、だいぶ生活も落ち着いてきました。

長女ムスメの小学校入学に関しては、もともと繊細なタイプなので心配なことも数知れず。無事、新生活に慣れることができるのか、当初はとても不安でした。

この春1年生になったムスメ。繊細なタイプゆえ最初は何かしら苦労すると思っていましたが…

田舎あるある? なのか、通学時の細かいルールが後日判明。学校が把握してるかどうか分からない程度の決まりがいくつかあったらしく、ひとりで通学していたムスメは、突然の通学路変更、イレギュラーな状況にパニックになってしまった様子。途中まで迎えに行ったのですが、涙をためて歩いていました。それだけが原因ではなかったみたいですが、初日の緊張もあっていっぱいいっぱいになってしまったようです。

情報収集不足でした! ごめんねムスメ!

今までのムスメからすると、しばらく引きずるかな…? と少し不安に思っていたのですが。


その後いくつかのローカルルールに振り回されたりしましたが、わりと早く順応してくれて泣くこともなくなりました。

ムスメ、たくましく育ってくれていました!

初日こそつまずいたものの、立ち直るのも早くなり、今は泣く気配すらなく、毎日楽しそうに通っています。

心配しすぎて申し訳なかったくらい! ちょっと寂しいくらい! お姉さんになりました。

これからのムスメの小学校生活が楽しくあるよう、祈るばかりです。

ちなみに、1週間くらいは全ての教科書を持ち歩いていたムスメですが、さすがに重くなったらしく、現在は必要最低限の教科書だけ持つようになりました! (よかった…)
(koyome)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)