ホーム レシピ > ビールやハイボールのお供に!高タンパク低カロリーな「タコ」のおつまみレシピ

ビールやハイボールのお供に!高タンパク低カロリーな「タコ」のおつまみレシピ

プリップリの食感がたまらない「タコ」。なんと「タコ」の消費量は日本が世界一なのだそうです。

今が旬の「タコ」は、スーパーなどで茹でダコとして売られているので、切って盛り付ければ食卓に出すことができるので手に取る方も多いと思います。

「タコ」は高タンパク低カロリー。その上噛みごたえもあるのでダイエット中の方にもってこいの食材です。

「タコ」は、お刺身やたこ焼きで食べることが多いと思いますが、それ以外にも、ビールやサワー、ハイボールなどにぴったりのおつまみになる副菜レシピがたくさんあるんですよ。

そこで今回は、旬の「タコ」で作る万能おつまみ副菜をご紹介したいと思います。
ゴーヤとタコの梅肉和え

出典:E・レシピ



●タコの天ぷらタコの天ぷら

出典:E・レシピ


薄切りにしたタコに青のり入りの衣をつけて揚げたタコの天ぷら。サクッと食感と青のりの香ばしさがビールのお供にぴったりです。油が跳ねやすいので注意しながら揚げてくださいね。

オススメの組み合わせ

ビール★★★
ハイボール★★
白ワイン★★



●簡単洋風おかず!タコとナスのトマト煮簡単洋風おかず!タコとナスのトマト煮

出典:E・レシピ


フライパン一つで簡単に作れちゃうタコとナスのトマト煮は、バケットに乗せたり、チーズを乗せてグラタン風にしたり、パスタに合わせたりと大活躍できちゃう万能副菜。盛り付けの際は、パセリを散らしてあげると見栄えも良くなりますよ。お家で簡単バル気分が味わえるレシピです。

オススメの組み合わせ

スパークリングワイン★★★
白ワイン★★★
ビール★★



●ゴーヤとタコの梅肉和えゴーヤとタコの梅肉和え

出典:E・レシピ


夏が旬の苦味がクセになるゴーヤと旬のタコを梅肉で和えた「ゴーヤとタコの梅肉和え」は、ほろ苦さと梅の酸味が大人テイスト。ゴーヤの苦味が気になる方は、塩揉みした後サッと湯通しすると苦味を抑えることができますよ。

オススメの組み合わせ

日本酒★★★
焼酎★★★



●タコとジャガイモのガリシア風タコとジャガイモのガリシア風

出典:E・レシピ


実はタコを食べる地域は、アジアやヨーロッパの一部の地域と言われています。お酒とおつまみ天国、バルがあるスペインでは「タコとジャガイモのガリシア風」が大人気。蒸したジャガイモと茹でダコをオリーブオイルと岩塩でいただくこのレシピは、シンプルながらタコの旨みを最大限に生かした一品です。

オススメの組み合わせ

スパークリングワイン★★★
白ワイン★★★
ビール★★



●簡単タコ焼き簡単タコ焼き

出典:E・レシピ


たこ焼き器がなくても作れちゃう「簡単タコ焼き」は、たこ焼きの生地をフライパンに伸ばしてだし巻き卵を作る要領で作ります。これなら専用の機械がなくても簡単に美味しく作ることができますよ。

オススメの組み合わせ

ビール★★
ハイボール★★
レモンサワー★★★



ビールやワイン、サワーにハイボールなどキンキンに冷えたアルコールが美味しい季節になってきました!今年は「タコ」の副菜で、美味しく楽しく夏を乗り切っていきましょう。

(豊島早苗)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)