ホーム 子育て > 30年越しに手にした“憧れ”アクセサリー! 5歳の息子が叶えてくれた母の夢【育児に遅れと混乱が生じてる !! Vol.40】

30年越しに手にした“憧れ”アクセサリー! 5歳の息子が叶えてくれた母の夢【育児に遅れと混乱が生じてる !! Vol.40】

小さい頃、どうしても買ってもらえなかった憧れのモノがあった。

子どもの頃に買ってもらえなかった憧れのお菓子を発見!

あれから数十年の時が流れた今でも販売されている、アクセサリーのおまけがついた100〜200円のお菓子である。

幼少期の私は、このアクセサリーにとてつもない憧れがあったのだが、どうにも母の許しが下りず買ってもらえなかった。

買ってもらえなかった理由は、当時弟がまだ小さかったので管理に目を配らせるのが大変だったか、あるいは母がアクセサリーのデザインに惹かれなかったか(笑)…なんて、親側のかる〜い私情だったように思う。

それ以外のお菓子は買ってもらえるのだが、アクセサリー付きお菓子だけは買ってもらえないまま月日は流れた。

小学校5年生になった私は、初めて「おこづかい」なるものをもらえるようになった。たしか、月に1000円ほどだったと思う。

それまでは、何か欲しいものがあると小さなものでも親頼みだったが、おこづかいのおかげで自分の好きなものを自分の意思で買えるようになったのだ。

しかし、あんなに憧れていたはずの100円のアクセサリーへの想いはいつの間にか薄れ、おこづかいは別の物へ…。

私がそのアクセサリーを手にすることは、とうとうなかった。

欲しくても買ってもらえなかった思い出をポロリと息子に漏らしてしまった…

久しぶりに目にしたそれを前に、私は昔のほろ苦い思い出をポロリと息子に漏らしていた。

自分のおこづかいを使って、そのお菓子を母に買ってくれるという息子!

5歳の息子には週に1回300円のおこづかいを渡しており、
「おこづかいでおまけ付きお菓子を買ったり、ガチャガチャをしてもいいよ」としている。

裏を返せば、「おこづかい以外でガチャガチャやおまけ付きお菓子を親が買ってあげることはない」というのがわが家のルールである。

つまり、息子にとっては貴重な300円なのだ。

例のアクセサリー付きのお菓子には「150円」の値札が。
それを買ったら息子の貴重なお小遣いは半分になってしまう。


いやいや、子どもに渡してるおこづかいから買ってもらうわけにはいかん…!
息子の優しい心と、小さい頃の私をなぐさめようとしてくれる気持ちに感動
30年経って初めて手に取った憧れのネックレス。小さい頃の母の夢をかなえてくれてありがとう!!

買ってもらいましたぁぁぁぁ!!

30年経って初めて手に取った憧れのネックレス。
とってもかわいくて嬉しい!!

でも何より、息子の気持ちが嬉しい!!
優しい心と、小さい頃の私をなぐさめようとしてくれる気持ちが嬉しい!!

34歳の私も嬉しくて泣きそうだけど、何より当時4歳か5歳の私も嬉しくて泣いてるよ〜!!

小さい頃の母の夢をかなえてくれてありがとう〜!!


ちなみにこちら、どうやって5歳の息子が買ってくれたのかというと…

売り場からアクセサリー付きお菓子の箱を1つ取り
「母! ついてきて!」
と、さっそうとレジへ。

そしてレジを担当してくれた店員さんへ
「これ、母がずっと欲しかったやつなの」
と、イケメンアピールも忘れない!

からの、自分の財布から100円玉を2枚出し、堂々とお会計。

そして店員さんからテープを貼ってもらったところで
「母、いつもありがとう」
とスペシャルスマイル付きで渡してくれました。

過程も含めて宝物。


ってスマン。
ここまでただの育児のろけになっている。

親バカが過ぎる。
でもわが子が愛し過ぎる。

この日の出来事はもう素晴らしすぎてオチが見つからない。
スマン。

息子の気持ちがただただ嬉しかったって日でした。

読んでくださり、ありがとうっ!!
(ユキミ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)