ホーム 子育て > どこで気を緩めればいい? 育児は病気に関係なく大変だと実感【産後バセドウ病になった話 Vol.6】

どこで気を緩めればいい? 育児は病気に関係なく大変だと実感【産後バセドウ病になった話 Vol.6】

■前回のあらすじ
薬での治療を始めてほどなくしてから体調が落ち着き、少しずつ気持ちも楽になっていった…。


ウーマンエキサイトのみなさまこんにちは。まつざきしおりです。

■現在は、甲状腺機能低下症で通院を続けているが…




現在は、甲状腺機能低下症として通院し、投薬を続けています。



 
 

■病気の有無に関わらず、育児は想像以上に大変



病気の有無に関わらず、育児は想像以上に大変で、思い通りにいかないことばかり。

特に初めての育児は、「そんなに気を張らなくても大丈夫」と言われても、どこで気を緩めて良いのかわからず、毎日必死でした。


 
 

■もしタイムスリップできるなら…


「育児って思ってた500倍くらい大変だ」と思ったと同時に、「これをしている世のお母さんって、めちゃくちゃえらいなぁ…尊敬しかない…」と身をもって感じました。

毎日子どものそばにいて、命を護り育てるのは、本当に本当に大変で、すごいことだと思います。



今回、産後バセドウ病になったお話を書きましたが、少しでも私の経験が育児を頑張っているお母さんの役に立ち、エールになれば嬉しいです。

自分のことは後回しにして、毎日身体を張って精一杯、頑張っていると思うので、時にはそんな自分を優しく労ってあげてください。

私もまだまだ余裕のないひよっこ母さんではありますが、のんびり頑張っていきたいと思います。

全6回と長くなりましたが、ここまで読んでくださり本当にありがとうございます。

※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

 
 
(まつざきしおり)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)