ホーム 子育て > 現実を思い知らされ落ち込む私に、ある朗報が飛び込んできた!【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.43】

現実を思い知らされ落ち込む私に、ある朗報が飛び込んできた!【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.43】

■前回のあらすじ
ひとりで病室にいると、ネガティブなことばかり頭に浮かび、がんばる気力もなくなってしまいました。

■改めて思い知らされる現実…




仕事仕事と言っている割に、子どもを保育園に預けていない理由がこの辺にあります。
普通に健康に産まれていたら、0歳児入園なども視野に入れていたのですが、この状態では私が無理でした。

■娘にある変化が…!




抱っこできて本当に嬉しかったです。
呼吸器が取れてかなり安心したのを覚えています。
※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(あさのゆきこ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ