ホーム 子育て > 母性が欠けている? NICU通いにも慣れてきた頃、休みたい気持ちに…【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.49】

母性が欠けている? NICU通いにも慣れてきた頃、休みたい気持ちに…【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.49】

■前回のあらすじ
自分がまだ入院していた頃、母乳とミルクについて、かなりの葛藤がありました。

■お世話にも慣れてきて…


ものすごく心配していたのに、赤ちゃんがいなくて寂しかったのに、ちょっとホッとするとすぐ怠惰な性格が出てくるのでダメですね…。そうです。基本怠惰なのです。

でも、怠惰になれるのはある程度娘の容態が安定してくれていたから…。
先生に、看護師さんに、娘に、家族に感謝せねばなりません。


■NICUに通うお母さんたちそれぞれの事情


ちょっとホッとしました。


赤ちゃんに対して無条件に「大好きー! 愛してるー! 」となれる時期は限られていました。かわいいのはかわいいんですが…。体がしんどくて休みたかったけど、そんなこと言ったら母親失格と思われそうで、言えませんでした。

でも、やはり私が心身ともにゆっくり休めるのは、周りのおかげであり、すごく贅沢だと思います。

余談ですが、退院から一年半以上経ったある日のこと、全く関係のない用事でこの病院のNICUの前を通った時、ボロボロと泣いてしまいました。自分でも驚きました。
※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(あさのゆきこ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ