ホーム 子育て > 「普通に出産すると思っていた」 お産を振り返り、いま思うこと【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.51】

「普通に出産すると思っていた」 お産を振り返り、いま思うこと【出産の記録〜低酸素性虚血性脳症の娘と私 Vol.51】

■前回のあらすじ
MRI検査の予約日まで不安でモヤモヤしていましたが、ある日突然もう検査が終わったと告げられました。

■産院での検診で…


ティッシュもなかった!!
手で拭いた!!!

■毎日NICUに通うけど…




■振り返って今思うこと



帝王切開になったこと、その他お産についての心残りや未練は全くありません。切ってもらえなかったら娘は死んでいたので。

自然分娩できなかったから悔しい、陣痛知らないから楽でしょ? と言われた等々…、すべてお母さんが主語なんですよね。

帝王切開は、自然に任せたら赤ちゃんが危険だから行うものであって、赤ちゃんを主語にしたらそんな言葉は出てこないと思います。

赤ちゃんが無事で良かった!! ただそれだけだと思うのです。
※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(あさのゆきこ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ