ホーム 子育て > ひどいうつ状態に突入、精神的に追い詰められた私は…【離婚の先にあったもの Vol.2】

ひどいうつ状態に突入、精神的に追い詰められた私は…【離婚の先にあったもの Vol.2】

■前回のあらすじ
夫とはもう一緒にいられないと判断した私。離婚の決め手となった出来事がショックすぎて、記憶が失われている部分もあります…。


みなさんこんにちは。もちもちエプリデイ作者のかわベーコンです。

前回に引き続き、離婚した話の続きです。

昔から私はネガティブ思考が強くて、ウツ病になった経験もあります。

今は一転してわりとポジティブになりましたが、そこに至るまで自分の中では結構な修羅場を迎えていました。

離婚するキッカケが明らかになってから、離婚するまでは1カ月半ほどありましたが、離婚騒動になる前から私たち家族は、私の両親と同居しており、両親は私の様子のおかしさにはもう気づいていました。

元夫の帰宅を待ち、毎晩のように話し合う日々。

元夫には「さすがに毎日3時まで話し合いとか、次の日仕事に影響が出るからやめて」と言われましたが、離婚するかしないか、決まった答えが出ていなかったんです。

はやくハッキリしたいのに、と毎日モヤモヤ…。

その時がおそらく人生史上もっとも病んだ時期だったと思います。

この仕事をはじめてからもしばらくは、自分の将来、お金の心配をしていて、不安症で通院していたほどです。

■精神的に追い詰められた私はついに…
精神的に追い詰められた私はついに…
2コマ目の私が危なすぎる…(ドン引き)。

当時、元夫にご飯を作っても「毒…入れてない?」と聞かれてたので、挙動が相当、危ないやつだったんでしょう…。

毎日のように泣いてたし、眠れない上によくない考えも浮かぶし、ご飯も食べられない、水も飲めないで、1週間で7キロ体重が落ちました(今ほぼ戻ってるチクショウ)。

友人は事情を知ってたので、本当に最悪の事態にならないか心配だったそうです…。

でも、そういう時って周りの言葉が耳に入ってこないんです。

消えたい、居なくなってしまいたい、そういう考えにとらわれていました。

息子はまだ小さかったので、その当時はあっけらかんとしていたと思います。

ですが、娘は私の様子がおかしいことは気づいていたようで、私の母に「ママどうしたの?」と聞いていたそうです。

そんな最中のある早朝、車で知らない場所へ。

最後にコンビニで好きなものを食べて居なくなってしまえば、とチョコレートを買おうとしました。

しかし、ちょうどそのタイミングで、一人で出かけた私を心配した母から電話が…母から「あんたが居なくなったら二人はどうなるの」と言われて、ふとわれに返りました。

さらに「気をつけて帰ってきな」という母のやさしい言葉…。

私は逃げることをやめ、車を走らせ家に帰ることにしました。
 
 

■新しくポジティブな自分に生まれ変わった
新しくポジティブな自分に生まれ変わった
こんな勝手な母ちゃんで本当にごめん。

大人の都合で振り回してごめんね、と子どもらの寝顔や笑顔を見て思いました。

しかし、離婚する可能性の方が大きいし、するならするで私は強く生きなければ! と思った時、なんかこう一皮剥けたような感じになったんです。

考えてたって、ウジウジ後ろを向いていたって、何も変わらないしどうにもなりませんし、行動してその先を変えろ! そんな風に思い始めました。

その頃、ネガティブな私は心の中で死に、代わりに新しくポジティブな私が生まれたんだと思います。

それは、もう昔の自分では考えられない、今の自分の姿でした。

覚悟、意志の力は強いですね。

今日はこの辺で…。また次回に続きます。

次回に続く(全4話)毎日10時更新!

 
 
(かわベーコン)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ