ホーム 子育て > 「本好き=国語得意」とは限らない…その理由はまさかの読み聞かせだった!?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第151話】

「本好き=国語得意」とは限らない…その理由はまさかの読み聞かせだった!?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第151話】

私は子どもの頃、国語が得意でした。
理由はおそらく…。



絵本も、絵のない文字ばかりの本も、漫画も、子どもの頃から大好き。ひとりでずっと読みまくっていました。

そして娘のイチコも幼稚園の頃から本が好き。
「読書量=国語の成績とは限らないよな〜」と思うものの、「国語は得意科目になっちゃうかも!」と思っていたのですが…。



そう、イチコは読み聞かせしてもらうことが好き! 文字が読めるようになってからも、自分から本を読むことは数えるほどしかありませんでした。

そのせいか、本で何度も出てきた漢字も読めず書けず…。

ひとりで本を読むよう促しても、読むことはまれといった状況。とほほ…。どうやら本のストーリーを追いかけるのは好きでも、文字には興味が湧かなかったようです。

そんなイチコ、2年生になり最近やっと本を自分で読むようになったのです!
そのきっかけとなったのが…。




漫画を読むようになったことで、自分のペースで本を読むということに慣れたのでしょう…。漫画ではない本も自分で読むようになりました! 素晴らしい! ありがとう漫画!

そして先ほど漢字は苦手と書きましたが、読み取りや作文、音読は得意のよう。これこそ読み聞かせの甲斐があった!? いや、お願いだからあったと思わせてー!!

漫画効果で、自分でたくさん本を読んで、漢字も得意になっていきますように!

ちなみに苦手科目は算数。これは私も子どもの頃から苦手教科なので、何も教えられない…!

私にできることは、イチコが何かできた瞬間に「イチコ算数わかってるやん! 得意なんやわ〜!」とひたすら盛り上げるのみ。

母は女優…! がんばります!
(モチコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ