ホーム 子育て > 子育て中よみがえる母の記憶…体調不良でも私を受け止めてくれないのはなぜ?【親に整形させられた私が、母になる Vol.67】

子育て中よみがえる母の記憶…体調不良でも私を受け止めてくれないのはなぜ?【親に整形させられた私が、母になる Vol.67】

hamuko
■前回までのあらすじ
プレママ教室で出会ったママは母と同じく自分の考えを他人に押し付けてくるタイプ。しかし自分とは合わない価値観の人もいると割り切れるようになったハム子は、自分は理想を子どもには押し付けないと決意する。

■自分の子どもの頃の記憶がよみがえる…

hamukohamukohamukohamukohamukohamukohamuko


hamukohamukohamukohamukohamukohamuko


hamukohamukohamukohamukohamuko


子育ては楽しいと感じています。

もちろん夜泣きなど、大変だなと感じることもたくさんありました。
けれどこれまでの「本心から納得したわけではないがやっている」さまざまなことと比べたら、全然ツラくはありませんでした。

自分で望んで選択した子育てのツラさは、大変ではあるけれど、苦痛ではない、幸せなツラさ。

だからこそ「納得していない状態のままやること」がどれだけツラく苦しいものであったのかが、これまで以上に自分の中に溢れかえっていました。

そしてこのことがわかってしまうと、
「子どもの頃から自分が納得した生き方ができていたら、もっとずっと生きるのが楽しかったのだろうな…」
そう考えてしまい、やはり母を憎く思ってしまう時も。

また、子育てをしていると、自分が子どもの頃の記憶とよくリンクするようになりました。
今まで忘れていたはずの記憶まで思い出される。とても不思議な感覚でした。


※この物語は私の経験を基に、一部編集しています。


(グラハム子)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ