ホーム 子育て > 子どもに対する発言にはご注意! 大人になった今も覚えている祖母の言葉【ヲタママだっていーじゃない! 第121話】

子どもに対する発言にはご注意! 大人になった今も覚えている祖母の言葉【ヲタママだっていーじゃない! 第121話】

こんにちは、エェコです。

今回は大人になった今でも覚えている、祖母が言ったある一言のお話です。

■喜んでくれると思ったのに…、祖母の言葉に衝撃
あれは忘れもしない、小3の夏休み…

祖母に暑中見舞いを、子どもながらに一生懸命書いた。

まだガラケーのなかった時代。

メールもありませんから、季節のご挨拶はハガキです。

小学3年生の時、友達からきた暑中お見舞いをきっかけに「お友達に返事書くなら、遠くにいるおばあちゃんにも暑中見舞いを書こう!」と思い立ち一生懸命書きました。

当然、喜んでくれると思っていたのですが…

そして、そのあとおばあちゃんの家に行き、暑中見舞いが届いたか聞いてみると…

「あんた、字が汚いね」


「こんな字書くなんて恥ずかしいよ」

喜んでもらえると思っていたのに、「恥ずかしい」と言われてしまった…

■ショックを受けた体験を生かして、気を付けていること
まさかのダメ出し。しかも結構キツメの言葉。

自分の字が下手だとは自分自身でも感じていましたが、遠方に住んでた祖母。

たまにしか会えませんでしたが、とても優しかったので大好きでした。

そんな祖母のこの発言。

私には青天の霹靂で…本当にショックでした。

それ以来、字を書くのに抵抗を感じるようになったし、祖母のことが少し苦手…というか恐怖心が芽生えてしまいました

子どものときに聞いた大人の言葉の力…恐ろしい!

大人になった今、私も祖母のようにならないよう注意を払っていこうと思います。

本当に子どもの頃に受けたショックっていつまでも覚えている…!

心の傷って絶対消えないと思います。

忘れていても、ふとしたキッカケで思い出して苦しくなります。

わが子だけでなく、年齢性別関係なく、言葉もそうですが、行動にも気をつけ人と接したいです。

そしてそれを子どもたちに伝えていけたらなと思いました。

(エェコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ