ホーム 子育て > 「嫌いなものは無理に食べさせなくていい」ラジオからの言葉に涙…!【スイス人夫VS日本人妻 〜家族の偏食、どう乗り切る?〜 Vol.15】

「嫌いなものは無理に食べさせなくていい」ラジオからの言葉に涙…!【スイス人夫VS日本人妻 〜家族の偏食、どう乗り切る?〜 Vol.15】

■前回のあらすじ
娘は肉と魚が嫌いだと判明! 小児科の先生に相談すると「成長に必要だから工夫して食べさせて」と言われ疲弊。そんな時ラジオからある情報が…。





こんな、こんな考えがあったなんて…。

・1食◯グラム与えましょう
・毎日◯品目はあげましょう
・健康と成長のために好き嫌いなく何でも食べられるように育てましょう
・毎月何グラム・何センチ成長するのが基準です
・何ヶ月になったら卒乳、ハイハイ、タッチ、あんよ、トイレトレ!

こんな世の中の基準でガチガチになっていた私。

私は自分の娘をしっかり見ていたのだろうか…。この子だけをしっかり見ていたらこんなに落ち込むことはなかったんじゃないだろうか。

娘は娘なりにゆっくりだけど毎日成長している。そんなことも分からないくらい、世の中の基準に振り回されてた私…。娘に申し訳ない気持ちがいっぱいになり、涙が止まりませんでした。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(ケイコモエナ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ