ホーム 子育て > 「昭和ごっこ」が逆に新鮮!? 子どもたちとのステイホームにおすすめ【もりりんパパと怪獣姉妹 第45話】

「昭和ごっこ」が逆に新鮮!? 子どもたちとのステイホームにおすすめ【もりりんパパと怪獣姉妹 第45話】

こんにちは、もりりんパパです。

今回のお話は繰り返すステイホーム期間の中で、子どもたちとどのような時間を過ごしていくか…ということについてです。


実は昨年3月にも同じようなお話を描きました。


■昨年3月のおはなし
政府が小中高校の休校を要請、世間はバタバタしているかと思いますが…我が家ではそんな中だからこそ楽しめることを考えてみました。



しかしそれからおよそ1年半。
次第に出来ることは少なくなってきて…!?


秋以降も先が見えない…
しばらくは以前のような外出はできないかも
子どもたちの家での遊びはやりつくした感があります
ついにネタ切れ
新しいものも色々買ってしまったし…
黒電話にびっくり



令和の時代に平成生まれが手にした昭和
めんどうな黒電話
アナログ時代
家族のやりとりもメモ
昭和ごっこ
メモで伝言ゲーム
楽しそうで何より

大変だけれど…
新しいものを求めるばかりでなく振り返ったのが新鮮
説明しにくいけれど
昭和生まれの僕からすると何とも微妙な気分ですが、あの頃当たり前だったものが今では全く通用しなくて。


平成生まれの子どもたちからすると逆に新鮮で面白かったようです。


これならばお金もかからないし暫くは楽しんでくれそうなので、わが家ではしばらく昭和ブームが続くことになりそうです。
たまには時代を逆行するのも面白いかもしれませんよ!!


それでは今回のお話はここまでです!
読んでいただきありがとうございました!!
(もりりんパパ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ