ホーム 子育て > 初めての出産は未知の出来事でいっぱい! 陣痛かわからず痛みを我慢していると…【高齢出産&初産レポ Vol.1】

初めての出産は未知の出来事でいっぱい! 陣痛かわからず痛みを我慢していると…【高齢出産&初産レポ Vol.1】

こんにちは! おみきです。
このお話は、36歳高齢出産で初産の私が、我が子を出産するまでの記録です。

■出産予定日まであと6日





■どのくらいの痛みなら病院へ行っていいの?




規則的な痛みだったものの、痛みがまだ耐えられたので電話するのは早いのかな…? と思い躊躇してしまいました。これは陣痛なのか? 前駆陣痛なのか…?

病院へ行って帰らされるのも嫌だし、まだ我慢できるからこのくらいの痛みで電話していいのか? という葛藤が何度もありました。だけど初めてだし不安だしで、助産師さんのお言葉に甘えて電話させていただきました。

病院に着いたものの、病棟は4階。廊下も長く、遠くて心の中で悪態をつく自分…。痛みは我を忘れさせます…。

そして、ここから長い夜が始まるのです…!

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(おみき)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ