ホーム 子育て > 立ち合い不可の出産は心細い 夫からもらった手紙を読むと…【高齢出産&初産レポ Vol.2】

立ち合い不可の出産は心細い 夫からもらった手紙を読むと…【高齢出産&初産レポ Vol.2】

■前回のあらすじ
健診では予定日を過ぎそうだと言われたものの、翌日には陣痛らしき痛みが。数時間後には多量の出血があったため病院へ行くことにしました。


■陣痛室へ移動、子宮口はまだまだ開かず…

健診時、助産師さんから「陣痛がきても入院にならず帰ってもらう場合もある」と聞いていたのですが、それだけは嫌だ…! と思っていたので、無事に入院できて良かったです。

病院までは30分くらいの距離なのですが、往復の時間を考えると大変…。私は車だったけれど、タクシーで自分で行くとなるともっと大変ですもんね…。

■夫からの手紙に記されていたのは…

この時もらった手紙には本当に涙しました!

当初立ち合い出産に乗り気ではなかった夫。けれど、この手紙を読んで、本当は行きたかったんだなぁと感じました。

手紙は今でも大事にしています。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

(おみき)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ