ホーム 子育て > 4歳息子が「勉強したい!」…嬉しい発言に幼児ワークをやらせてみたけれど【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第153話】

4歳息子が「勉強したい!」…嬉しい発言に幼児ワークをやらせてみたけれど【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第153話】

幼稚園年中の二太郎。
小2のイチコが勉強する様子を見て…こんな発言をするように。



親が「勉強しなさい」と言わなくても勉強したがる…なんてありがたいの!
この流れで勉強好きになったら、今後の「宿題しなさい」「勉強しなさい」のやりとりをまったくしなくていいやーん!!

そんな期待もあり、いろいろなワークをさせてみました!

■幼児ワークその1.シールやお絵かきのある知育系ワーク

年中になる前の春休み、イチコが本屋さんで算数のワークを買うときに、二太郎も購入。

まだ文字や数字は読むことができない、書くこともできないので、シールやお絵かき、のり付けやハサミを楽しむ「知育系のワーク」を買いました。

はたして二太郎の反応は、どうだったかというと…?



イチコが算数ワークを半分、いや3分の1ぐらいの量が終わったぐらいのタイミングに、二太郎はこのワークブックをすべて終わらせてしまいました。

しかも二太郎は次々と新たなページをやりたがるから、1ページのクオリティが低い!笑

正直、二太郎にとってはコスパ悪すぎるワークでした。結構良いお値段したのにな…。

そこで…。



■幼児ワークその2、ネットから印刷OKの無料知育プリント

次は年中になってからやってみたのは、ネットから無料でダウンロードできる「知育プリント」

迷路、ハサミやのり付け、数やひらがなの練習など…種類はたくさんあります!

二太郎のやる気を引き出すために、こちらから「やりなさい」と言うのではなく、こんな風にしてみました。
<モチコが考えた“子どものやる気の引き出し方”>
●本人がやりたがったときだけにやる
●「何をするか」の順番、種類も自分で選ぶ


しかし…。


「何回やんねん!」と言いたくなるぐらい、簡単な迷路(迷路と言いつつ、実際には道が3本くらいしかなく、あきらかに答えがすぐわかるもの)ばかりやりたがる二太郎…。

このネコちゃんの迷路プリント、もう5回くらい印刷してるんだけど…。「他のにしたら?」と言っても、「いやや、これ」と言われてしまう。ひとつのものだけやり過ぎるので、「他のなら印刷してあげる。同じのはしない」と言ってしまったら拗ねて終了してしまいました。

「やる気を引き出す」はずが、なんでこうなってしまうの…?

■幼児ワークその3、ぬり絵兼ワーク

年中の夏休みに、義理のお母さんがたまたまたくさんのワークを送ってくれました!

塗り絵と一緒になってる間違い探し、数字、ひらがな、カタカナ…5冊くらい。これで数ヶ月もつぞー! やったー! と思ったのですが…。



デジャブ!
1番初めの春休みのときと同じ!

どうやら二太郎は、「1問1問丁寧に取り組む」というタイプではなく、「とにかくこなす!」に重きを置くタイプなよう。「終わった!」という達成感も味わいたいのかも。母の勝手な判断ですが…。

ということで、どのワークも「これが良い! 二太郎に合ってる!」とはならず、「これやる意味あるんか…?」といった感じで終わりました。とほほ。

とはいえまだ幼稚園年中。
丁寧に取り組んでほしいと思いつつ、口うるさく言ってワークや勉強自体嫌になられても困る! しばらくはこんな感じでゆるゆるやっていきまーす!

何かおすすめのやり方やアイテムがあれば、ぜひ教えてください…。
(モチコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ