ホーム 子育て > ママたちが悩む「子どものチョコ解禁時期」…しかし守れないのは親の方!?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第154話】

ママたちが悩む「子どものチョコ解禁時期」…しかし守れないのは親の方!?【モチコの親バカ&ツッコミ育児 第154話】

我が家の第一子イチコが1〜2歳のとき、同じくらいの年齢の子どもがいるママ友とよく話題になっていたのが…。



我が家はなんとなく「3歳」と決めていました。

どこかで「3歳で解禁」と聞いたことがあった気がしたのと、「素材の味がわかるならその方がいい!」と離乳食のときからなるべく薄味を食べさせていたからです。

私の周りにいる大人たち、とくに勝手に食べさせてしまいそうなばぁばなどにも「チョコは3歳にしようと思う」と伝えました。

絵本やテレビなどでチョコの存在を知ったイチコにも、「チョコは3歳になってから食べようね!」と言っていたのですが…。



イチコ2歳半頃、「もうチョコ解禁してもいいかな〜」と思うようになりました。
じつは正直、親の方がチョコをあげないことの方が面倒になっていたんです。というのも、外で甘いものを食べるときにチョコが入ってないメニュー選ばないといけないし、手土産でいただいたスイーツもチョコがあるとイチコにあげるときに困るし…。

ただ…。




私が「チョコは3歳から」と言い出したから、イチコはその約束を覚えて守ろうとしている。それなのに私が「やっぱりもう食べていいよ」と言うのはダメな気がするー! ダブスター!

ということで、「3歳でチョコ解禁」を守ることに。

「チョコはダメ」なのではなく、「イチコとの約束を守るため」に、「チョコは3歳になってからやんね」と言う日々…。

早く一緒にチョコ食べようよー!

そんなこんなで待ちに待った3歳の誕生日!



おめでとうイチコ!
約束守ってえらいぞ!
そして私も…約束守れてえらいぃぃぃ!

ちなみにこの「3歳でチョコ解禁」はあくまで公式の話で…。



まあこんなもんですよね!

ちなみに薄味の離乳食で育ったイチコですが、今ではチョコもアイスもキャラメルもポテチも大好き。
素材の味がわかっているかどうかは、ちょっと自信がありません…。
(モチコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ