ホーム 子育て > 妹にマウントをとってしまう息子に、私が伝えたいこととは【ヲタママだっていーじゃない! 第124話】

妹にマウントをとってしまう息子に、私が伝えたいこととは【ヲタママだっていーじゃない! 第124話】

こんにちは、エェコです。

今回は息子にどーしても伝えたい話です。

■妹にマウントをとってしまうようになった息子
最近娘が成功したことを報告すると…
妹に対してマウントをとってくる事態が…

思春期なので難しい年ごろなのは重々承知していますが…どーも妹にマウントをとることが多くなった息子

プールに限らず、鉄棒や勉強、お手伝いなんかも「そんなの簡単」「俺のほうがすごい」と言っています。

そりゃ君は12歳、相手は7歳。

歳の差や経験の差から息子のほうができるのは当たり前。

君が7歳の頃にできなかったことだってあって、それを今7歳の娘はできてたりするよ? と言っても「でも今は俺のほうがすごい」と言ってききません。

きっと自分にとって簡単なことなのに、妹ができると褒められるというのが納得できないのかも…?

でもこれではダメだと思い…

■息子にわかってほしい
これはアカン! と思い…
息子と話し合うことに。


たとえば、息子ができたことを報告したら、私が「そんなの簡単だよ」と言ったらどういう気持ち?
なんかガッカリする、と息子。
そういうことを言われたら、頑張りたくなくなっちゃうよね?
褒められるとまた頑張ろう! という気持ちになること。そういう気持ちに妹がなれるようにしてほしいということを伝えました。

そう! 成功体験こそ君たちの伸びる原動力!

君たちは「褒められて伸びる」タイプなんだから!


私が息子にしてきたように、頑張って楽しい嬉しい気持ちを摘み取らないでくれ…とお願いしました。

それ以来、息子は「ナナちゃんもスゴイけど、兄ちゃんもスゴイ。どっちもスゴイ!」「とっても上手だけど…兄ちゃんも上手にできるよ」とややヤンワリとした口調に変わってきました。

まだ素直に褒められない微妙なお年頃なので…暖かい目で見守っていきたいと思います。
(エェコ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ