ホーム 子育て > 心がポッキリと折れた…「子育て支援センター」に行くのをやめた話【あり子のワーママ奮闘記 Vol.21】

心がポッキリと折れた…「子育て支援センター」に行くのをやめた話【あり子のワーママ奮闘記 Vol.21】


■前回のあらすじ
人見知りな私が子育て支援センターデビューをしたものの、周りの会話についていけず…。


こんにちは、宝あり子です。

周りの会話についていくことができない。

しかし帰るタイミングも見つからない…。

じっとみんなの会話を聞いているだけの状態が続きました。

■心がポッキリと折れ、子育て支援センターに行かなくなった
心がポッキリと折れ、子育て支援センターに行かなくなった
同じマンションの人たちが帰ろうとしていました。

慌てて、わたしも一緒に帰ろうと思い…。

同じマンションの人たちは先に帰宅
同じマンションの人たちは先に帰宅。

一緒に帰れるのではないかと期待してしまいました
同じマンションという話をしていたので、一緒に帰れるのではないかと期待してしまいました。

メンタルが豆腐のように崩れやすい私は、この出来事に心がポッキリ

メンタルが豆腐のように崩れやすい私は、この出来事に心がポッキリ

こうして子どもが成長して遊べるようになるまでは、わたしは子育て支援センターに行かなくなりました。

しかし、なんだか寂しかったです
まだ動けない赤ちゃんだから無理して子育て支援センターに行くこともない…と自分に言い聞かせました。

しかし、なんだか寂しかったです。

主人は仕事から帰ってくるのも遅いので、自宅で赤ちゃんと2人きりの日々に孤独を感じることもありました。

人見知りなわたしだけかもしれませんが、育児がこんなに孤独を感じるものだとは思いませんでした。
 
 

■育児ブログをきっかけに孤独を感じなくなった
心がボッキリと折れた…「子育て支援センター」に行くのをやめた話【あり子のワーママ奮闘記 Vol.21】
そんなときに、わたしは育児ブログをかきはじめました。

それがきっかけで、娘と同じ年頃の子どもを持つ方たちと交流することができました。

気がついたら孤独を感じなくなっていました。

SNSはわたしにとって孤独感からの救いでした!

今でもリアルな【ママ友はゼロ】ですが…。

こうして自宅で孤独を感じることはなくなりました。

しかし、保育園や小学校の集まりで孤独を感じることは今でもあります(笑)。

育児ブログをきっかけに孤独を感じなくなった
でも無理して輪に入ろうとはもう思いません。

自分の性格上、余計に疲れるのはわかっているので焦ることはなくなりました。

でも誰とでも気軽に話せるようなコミュニケーション力はやっぱりほしかった(本音)!
 
 
(宝あり子)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ