ホーム 子育て > 子煩悩なパパはきっと私に興味がない…寂しさに背中を押された私は…!?【年下のコンビニ店員さんに連絡先をもらった話 Vol.3】

子煩悩なパパはきっと私に興味がない…寂しさに背中を押された私は…!?【年下のコンビニ店員さんに連絡先をもらった話 Vol.3】

■前回のあらすじ
コンビニの店員さんに連絡する勇気はなく、連絡先が書かれた紙は財布に忍ばせていました…。


そんな中、久しぶりに新しい服を買った時のこと。

何気なくその新しい服を着ていただけで、娘は私の珍しい姿に気づき、声をあげました。

「どこで買ったの?」
「かわいい!」

■私の新しい服に大人顔負けのコメントをくれる娘
子煩悩なパパはきっと私に興味がない…寂しさに背中を押された私は…!?【年下のコンビニ店員さんに連絡先をもらった話 Vol.3】
普段から、景色や人の変化によく気づく、察しのいい娘。

さらには褒め上手で、生地の質感や柄にまで大人顔負けのコメントをしてくれます。

さすが、女の子…!

プチプラのちょっとしたお買い物でしたが、娘の喜びように、私も刺激を受けました。

「もっとおしゃれ、しないとな…」

鏡に映るのは、化粧も手抜きでたるみまくった、疲れた顔の私
鏡に映るのは、化粧も手抜きでたるみまくった、疲れた顔の私。

娘の言葉に、ハッとさせられる思いでした。

しかし、そのあと帰ってきた夫は、私の新しい服に気づかず、無反応。
 
 

■脳裏にふと彼の優しい笑顔が浮かんだ私は…!?
脳裏にふと彼の優しい笑顔が浮かんだ
気付いてはいたのかもしれませんが、何も言わずに、いつものように子どもたちと遊び始めます。

子どもが前髪を切ったら、すぐ気づくのに…。

「私のことなんて、興味ないんだよな…」

そんな寂しさが、胸に刺さります。

「もし、彼だったら、気づいてくれるのかな…」

脳裏にはふと、彼の優しい笑顔が浮かびました。

夫の反応に、虚しさと寂しさを感じる中、私はついに、あの紙に手を伸ばしてしまいます…。

虚しさと寂しさを感じる中、私はついに、あの紙に手を伸ばしてしまいます…

次回に続く(全11話)毎日9時更新!

 
 
(たんこ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ