ホーム レシピ > 旬の食材を美味しく調理! 「春ごぼう」で作れるやみつきレシピ5選

旬の食材を美味しく調理! 「春ごぼう」で作れるやみつきレシピ5選

春ごぼうは、甘みと旨味にあふれ、料理の風味を引き立てます。ごぼう特有の香りも控えめで、柔らかで食べやすいのが魅力です。そこで今回は、春ごぼうで作れるやみつきレシピを5つご紹介。
ふんわりとした卵と甘辛い鶏ごぼうがベストマッチな「鶏ごぼう丼」

出典:E・レシピ


旬の食材を美味しく調理して、心身ともに大満足なひとときを過ごしましょう。

■サクサク食感がたまらない! 味がしみ込んだ「ごぼうの唐揚げ」
サクサク食感がたまらない! 味がしみ込んだ「ごぼうの唐揚げ」

出典:E・レシピ


春ごぼうの風味をとことん堪能したいのなら、こちらのレシピがベスト。調味料の味がしっかりしみ込んだごぼうの唐揚げです。衣がサクサクしていて、歯ごたえが絶妙なのもポイント。ごぼうを揚げたら、熱いうちに塩を振ってから召し上がれ! 

ご飯のおかずとしてはもちろん、ヘルシーなおやつとしても最適です。ビールのおつまみにも良さそう。こちらのレシピをより美味しく作るためには、ごぼうに調味料の材料を絡めて5分置くことが大切。一手間かけることで、ごぼうに味がしみ込み、塩をかけずに食べても美味しい仕上がりに。



■きんぴらごぼうを簡単アレンジ、中華風の「ごぼうのオイマヨきんぴら」
きんぴらごぼうを簡単アレンジ、中華風の「ごぼうのオイマヨきんぴら」

出典:E・レシピ


いつものきんぴらごぼうを中華風にアレンジして味わってみませんか? こちらのレシピでは、オイスターソースとマヨネーズで味付けします。そのため、濃厚な味わいで、ご飯との相性も抜群です。お弁当のおかずにもピッタリ。

ボリュームアップしたい場合は、牛肉やマイタケをプラスするのもいいでしょう。また、ゴマをトッピングすれば、より豊かな風味に。辛いのが好きな場合は、輪切りにした唐辛子を入れるのもオススメです。このように具材やトッピングで簡単にアレンジできて便利。ぜひお好みの風味を探してみてくださいね。



■シャキシャキ食感がくせになる! リピート必至「ごぼうたっぷりさつま揚げ」
シャキシャキ食感がくせになる! リピート必至「ごぼうたっぷりさつま揚げ」

出典:E・レシピ


春ごぼうをたっぷり味わえるさつま揚げがこちらです。ごぼうのシャキシャキ食感がくせになりますよ。作り方はとっても簡単。

フードプロセッサーにタラとむきエビを入れて粗びきにし、ボウルに入れて水気をきったゴボウとほかのタネの材料を入れ混ぜます。そして、170℃に熱した揚げ油にスプーンで、先ほど作ったタネを落とし入れ、揚げ色がついたら油をよくきり、サラダ菜とプチトマトを盛った器に盛り、しょうゆを添えれば完成です。

お弁当のおかずやお酒の肴にも◎。旬の食材を使ったおもてなし料理としても活躍してくれそうですね。



■ごぼうの香りが引き立つ、さっぱりとした「鶏とごぼうのハンバーグ」
ごぼうの香りが引き立つ、さっぱりとした「鶏とごぼうのハンバーグ」

出典:E・レシピ


ごぼうの香りがアクセントになった、こちらのハンバーグはおろしポン酢でさっぱりと食べられます。鶏肉とごぼうは相性が良く、後を引く美味しさです。食べ応えがあり、子どもから大人まで大満足できますよ。食卓に彩りをプラスしたいのなら、お好みの野菜やキノコソテーなどを添えるのもアリです。

また、こちらのレシピを上手に作るコツは、焦がさないように注意してハンバーグを焼くこと。両面に焼き色がついたら弱火にして蓋をして、7〜8分蒸し焼きにしましょう。そこにだけ気をつければ、ごぼうの香りがほんのり漂う美味しいハンバーグが出来上がりますよ。



■ふんわりとした卵と甘辛い鶏ごぼうがベストマッチな「鶏ごぼう丼」
ふんわりとした卵と甘辛い鶏ごぼうがベストマッチな「鶏ごぼう丼」

出典:E・レシピ


一品でお腹を満たしたいときは、こちらの丼を作ってみるといいかもしれません。甘辛い味わいの鶏ごぼう丼です。鶏とごぼうは炒めてから煮ることで、味がしみ込みます。仕上げに、刻みネギを散らしてから、お好みで粉山椒を振りましょう。ふんわりとた卵と甘辛い鶏ごぼうが見事にマッチしていて、家庭の定番料理に加えたくなりそうです。

粉山椒の代わりに、海苔や七味唐辛子をトッピングしたり、具材にニンジンやキノコ類を加えるのもいいでしょう。ご飯と別のお皿に盛っておかずやお酒のおつまみとして味わっても大丈夫です。ぜひお試しください!



みずみずしい春ごぼうをいつもの料理に加えることで、食から季節を感じることができます。ぜひ気になる料理を作り、春ごぼうレシピのレパートリーを増やしてみてくださいね。かたいごぼうが苦手な人にもオススメです。
(木下あやみ)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ