ホーム 子育て > 無限の選択肢があって想像以上に楽しかった! わが家の「ラン活」の思い出【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.29】

無限の選択肢があって想像以上に楽しかった! わが家の「ラン活」の思い出【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.29】

4月に入り、環境が変わってみなさま、慌ただしい日々かとは思われますが、いかがお過ごしでしょうか。

わが家は息子が3年間お世話になった幼稚園を卒業して小学校へ入り、娘は療育園へ入園して、これまでの日々がガラっと変わり、結構、バタバタな日々を送っております。

今回は、去年の今頃からわが家もじわじわと始めた「ラン活」の思い出話をしようかなと思います。

■息子がほしいのは、まさかの金色のランドセルだった!
無限の選択肢があって想像以上に楽しかった! わが家の「ラン活」の思い出【ぽこちゃんです&どんちゃんです Vol.29】
去年の今頃、テレビのCMや、ネットのニュースなどで「もう来年に向けてみんな動き出すのか!」とわが家も少しずつランドセルに関しての情報収集を始めました。

息子の幼稚園のお母さんから、「毎年人気の色とかメーカーのランドセルはすぐに売り切れになっちゃうらしいよ!」と聞き、早々に動き出したほうがいいのかも、と息子に「どんなランドセルがほしいなとかってあるの?」と聞いてみました。

息子がほしいのは、まさかの金色のランドセルだった!
ここで出てきた息子の要望、まさかの「金色のランドセル」です。

息子にそう言われて思い浮かんだのは、「そもそも金色のランドセルって存在するの?」でした。

スマホで調べてみると、出るわ出るわ金色のランドセル
スマホで調べてみると、出るわ出るわ金色のランドセル。

金の延べ棒のようなギラギラの金色から、オシャレ感あふれる淡いシャンパンゴールドの金色など、さまざまなゴールドカラーのランドセルがありました。

私が子どもの頃は、男子は黒! 女子は赤! (私の学校は男女関係なく、一律の色の指定ランドセルでしたが)の時代からは非常に大きく変わっていて、個性を尊重する時代なのだな、と改めて感じました。
 
 

■無限に近い選択肢があるラン活はとても楽しかった
無限に近い選択肢があるラン活はとても楽しかった
すっかりさまざまな金色のランドセルに見入ってしまい、気づけばスマホの画面下に出てくる広告が、金色のランドセルのオンパレードに…ということもありました。

これもこれで、ラン活の非常に良い思い出です。

最終的に息子は別の色のランドセルを選びましたが(息子の理想とする金色のランドセルがなかったんだそうです)、私の時代にはなかった無限に近い選択肢のランドセルの中から、お気に入りのひとつを探すラン活はとても楽しかったです。

今年、ラン活をされるお子さんのお父さん・お母さん、ぜひお子さんと一緒に楽しんじゃってください!
 
 
(mochiko.)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ