ホーム 子育て > ごく身近に潜む危険!? 知っておきたい「有毒」植物【おばバカ一代 第53話】

ごく身近に潜む危険!? 知っておきたい「有毒」植物【おばバカ一代 第53話】

こんにちは!
甥&姪大好きおばバカ平八です!

本日は、知っておきたい身近な「有毒」植物についてのお話です。

うららかな日差しの下、わが家の庭には花を求めて蝶々が飛び回るようになりました。
子どもたちも毎日のようにお庭遊びを楽しんでいます。



毎年春になると、わが家の庭の隅にはスイセンの花が咲きます。
スイセンが咲くと庭が一気に賑やかになり、春の訪れを強く感じさせてくれます。

そんな馴染み深いスイセンですが、姪っ子に聞かれたことで興味が湧き、詳しく調べてみることにしました。

気軽な気持ちで検索窓に『スイセン』の文字を入力。
出てきたページの解説文に目をやると、そこには驚きの内容が…!



わが家の庭で長きに渡って慣れ親しんできたその花には「毒がある」というではないですか!!


一般にヒガンバナ科植物にはヒガンバナアルカロイドが含まれており、それらが有毒成分となる。 (中略)
葉が細いタイプのスイセンは、ニラに似ているため、花が咲いていないと間違える例が多い。鱗茎はタマネギに似ている。葉を揉んだ後のにおいで判断できる。




スイセンは丈夫で育てやすい花のようで、この時期になるとあちこちの花壇に植えられているのを見かけます。
そんな馴染みのある花に毒があるなんて考えたことがありませんでした。

もしかすると自分が知らないだけで、わが家の庭に生えている他の植物にも毒があるのかも…!?

私は改めて、庭の植物の毒性について調べてみることにしました。





ひとつひとつ庭の花や木の名前を検索していくと、結構な割合で有毒という情報が出てきました。
どれも長い間親しんでいた植物なだけに、なかなかショック…!

もともと子どもたちには庭の花を勝手に摘んだり口に入れないよう注意してはいましたが、このような危険性があることまでは把握していませんでした。

毒のある草花の多くは鑑賞する分には問題はありませんが、触ったり口にすることで中毒を引き起こします。好奇心旺盛な子どもたちにとっては注意が必要です。

まだふとした瞬間に口にものを入れてしまう1歳の子どもたちと花を摘むときは、安全性に確信が持てる草花だけにするようにしました。



また、これを機に6歳&3歳の子どもたちにも、毒のある草花の存在や、なぜ知らない植物をむやみに触ったり口に入れてはいけないのかを改めて伝えました。

これからどんどんと花開き、にぎやかな季節になっていきます。
自然に潜む危険性を頭に入れ、植物についての知識を深めながら、子どもたちと楽しい時間を過ごしたいと思います。
(平八)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ