ホーム ダイエット・ボディケア > いくらでも食べれちゃう…食欲はどうやってコントロールするの?

いくらでも食べれちゃう…食欲はどうやってコントロールするの?

食欲ってなんでわくんだろう?

食欲とは、食べものを食べたいという欲求のこと。空腹であると脳が感じたときに、人は食欲を感じ、食べ物を食べたいと思います。

食欲は、主に脳内のホルモンの分泌の増減によって起こるものです。特に、レプチンとグレリンというホルモンが食欲のカギを握っています。

レプチンが分泌されると、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、満腹を感じるようになります。すると、食欲が抑制されるという仕組みです。

グレリンは胃から分泌されるホルモンです。グレリンが分泌されると、脳の視床下部にある食欲中枢が刺激され、食欲が増すことになります。

食欲は、脳内のホルモンとも密接に関わっていて、ホルモンの増減によって食欲の増減も変化します。つまり、ホルモンをうまくコントロールすることが食欲のコントロールには必要です。

食欲を抑えるにはどうしたらいい?

食欲のメカニズムはホルモンの増減によって起こるので、それをうまくコントロールすることが必要です。コントロールの仕方を覚えて、実践してみましょう!

日本人男性の平均睡眠時間と肥満のなりやすさを調べた研究結果では、睡眠時間が5時間以上の人に比べて、5時間未満の人は肥満になりやすいという結果がでています。

体脂肪を減らしてレプチン受容体を正常に戻すことができれば、痩せるごとに食欲を抑えられるという好循環を導くことができます。

食欲のメカニズムに合った方法で、食欲を抑えることで効果的に食欲を抑えることができます。これは、ダイエットにも役立つでしょう。

ドクターから学ぶ!食欲を抑制する方法

食欲メカニズムを理解することはどうして大事?

過食は、意志の強さだけで防げるものではありません。我慢したくてもついつい食べ物に手が伸びてしまうのには、それなりの理由があります。ダイエットを成功に導くためには、しっかりと過食の原因を理解しておく必要があります。

食欲のメカニズムを知ることは、健康な生活へとつながります。うまくホルモンをコントロールすることによって、過食を避けることができます。

過食の原因と対処法、詳しく教えます

食欲のメカニズムについて理解できたでしょうか?感覚的食欲を抑えて、過食を防ぐことは大事ですが、食欲をただ押さえつければいいというものではありません。食欲をうまくコントロールすることで、健康的な生活を送りましょう。

シェア Google+

関連記事

P R