ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 乾燥?シミ?みんなは何に悩んでいる?年代別のスキンケア方法

乾燥?シミ?みんなは何に悩んでいる?年代別のスキンケア方法

シミや乾燥はいつから気になるようになるのでしょうか。それぞれの年代別におすすめスキンケア方法についてもご紹介します。

30代以降でシミや乾燥が気になるようになる

30代以降になるとシミやシワ、たるみなどを気にする方が多くなってくるようです。

くすみ

皮膚の血行不良やターンオーバー(お肌の新陳代謝)の乱れ、乾燥などが原因で、どんよりと疲れて見えるようになってきます。

シミ

経年的に浴び続けてきた紫外線やホルモンバランスの影響で、メラニン色素が沈着してシミが目立つようになってきます。

引用:スキンケア大学

シワ、たるみ、毛穴

加齢による肌内部(真皮)のコラーゲンの減少や紫外線による変性などが、シワやたるみの原因となります。また、毛穴たるみで涙型のように開いてしまうことも。

30代からは、このような肌の悩みそれぞれの原因に対するケアを、毎日のお手入れに組み込むことが大切です。

引用:スキンケア大学

30代のスキンケア方法は

30代は、若い時に比べて肌の老化が目立つ時期になってくるといわれています。崩れやすいホルモンバランスを守るように意識しましょう。

30代のスキンケア

これまで気にならなかった紫外線や摩擦といった外的な刺激に対しても肌が弱くなり、あらゆる肌トラブルに敏感になります。

ホルモンバランスをなるべく乱さないように、規則正しい生活とバランスのとれた栄養を摂取することは肌のためにも最も重要です。腸内環境も整え、免疫力を高めることが肌のバリア機能を高めることにもつながります。保湿やUVケア、優しく丁寧な洗顔といった基本的なことは大切にし、さらにビタミンCなどの抗酸化力の高い食品などを積極的に補い、体の内側からも肌を守るように心がけましょう。

引用:スキンケア大学

40代のスキンケア方法は

40代になると失われがちな、肌の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸を補給するために美容クリニックの活用を視野に入れてみましょう。

40代のスキンケア

保湿力が低下し、ターンオーバーの機能も乱れがちになります。月経不順や体調不良でホルモンバランスも大きく乱れがちです。これらの影響で肌の衰えを実感しやすく、特に繊維芽細胞によるコラーゲンやヒアルロン酸の産生量は減り表情筋も衰えハリ不足やたるみ、くすみなどが気になるようになります。

表情筋のエクササイズを行ったり、栄養成分をサプリメントで補う、ホットタオルや指圧で血行を良くするなど、お肌の様子を見ながら試してみてください。

引用:スキンケア大学

50代のスキンケア方法は

更年期障害も気になってくる時期だとされています。イソフラボンを補給しつつ、肌のバリア機能を守っていくようにしましょう。

50代のスキンケア

シワ、たるみ、くすみが本格的に気になってきますが、これまでのスキンケアの差も如実に現われます。更年期にともないホルモンバランスが乱れ肌の調子も不安定になり、肌質がこれまでとは大きく異なる方も少なくありません。イソフラボンを含む大豆製品をしっかりと摂り、更年期障害の方はサプリメントで補うと良いでしょう。また、40代のスキンケアでも述べましたが、表情筋のエクササイズを行ったり、ホットタオルや指圧で血行をするなどしても良いと思います。

引用:スキンケア大学

それぞれに適切な処置で、いつまでも美しく。

年代によって肌のケア方法というのは、大きく変わっています。それぞれの時期に適切に処置をすることで、気になる乾燥やシミを防ぎ、いつまでも若々しい肌を目指しましょう!

シェア Google+

関連記事

P R