ホーム メイク・コスメ・スキンケア > つい触りたくなる肌に。「もち肌」を目指す保湿リニューアル術

つい触りたくなる肌に。「もち肌」を目指す保湿リニューアル術

チラシなどでよく目にする「もち肌」の言葉。「本当にそのような肌をつくることができるの?」と思っている人もいるのではないでしょうか。自宅でできるもち肌スキンケアにチャレンジしてみましょう。

「もち肌」は保湿が決め手

もち肌に必要なのは、吸いつくような「肌のうるおい」と、ピンとした肌のハリです。これらを実現するためには、十分な保湿がポイントとなります。毎日のスキンケアに、パックやクリームをプラスして、補った肌のうるおいが逃げないケアをしていきましょう。

ハリと弾力があり、うるおいのある肌にするためにも、保湿がなによりも大切です。保湿することで肌表面のバリア機能が整えられ、肌の新陳代謝がよくなります。肌の生まれ変わりが正常に行われることで、毛穴の開きや吹き出物などの肌トラブルを防ぐこともできます。ローションパックや化粧水で水分を与え、クリームを塗って保湿しましょう。化粧水と乳液・クリームの間に保湿美容液を使うのもいいでしょう。

引用:スキンケア大学

質のよい「睡眠」をとること

肌を美しくするためには、十分な睡眠も大切なポイントです。健康的な肌をつくるための成分であるコラーゲンやヒアルロン酸は、質のよい睡眠をとることで生まれます。スキンケアを充実させることも重要なことですが、生活リズムを整えることも「もち肌」をつくるカギになります。

美肌のためには睡眠がとても重要です。肌の弾力のもとになっているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、外からとり入れることが難しい成分です。化粧品で補おうとしても真皮までは浸透しないため、体内で生成量を増やさなくてはなりません。そのためには、肌の新陳代謝を上げる必要があります。シンデレラタイムともいわれる夜22時〜2時は、成長ホルモンが分泌される時間帯です。このときに十分な睡眠を確保することで、肌の代謝がうながされます。

引用:スキンケア大学

「ビタミンC」で内側から美肌へ

肌の生まれ変わりや老化の予防に効果が期待できる「ビタミンC」。積極的に摂取することで、内側からももち肌づくりに働きかけることができます。野菜や果物に多く含まれていますが、熱に弱いのでなるべく生で食べるように心がけましょう。

抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、メラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用など、さまざまな美容効果があります。野菜や果物に多く含まれますが、熱に弱く水で流れやすいため、野菜は生で食べましょう。

引用:スキンケア大学

努力で「もち肌」を手に入れる

スキンケアや生活の改善を見直すことで、誰にでも「もち肌」を目指すことは可能です。できるケアからチャレンジして、触りたくなるもち肌を手に入れましょう。もちろん、毎日の積み重ねを大切にしてください。

シェア Google+

関連記事

P R