ホーム エンタメ > 「娘を幸せにしたければ、母親自身が幸せに生きること」 言葉の意味を噛みしめていると、ある転機が!?【やさしさに溺れる Vol.54】

「娘を幸せにしたければ、母親自身が幸せに生きること」 言葉の意味を噛みしめていると、ある転機が!?【やさしさに溺れる Vol.54】

母親の優しさが息苦しい?。心配性で過干渉な母親に支配される子ども時代を過ごしてきた主人公・志乃。

社会人になり、母親から逃れるため、一人暮らしを始めることに、しかし…。人生初の彼氏に夢中になる志乃と娘の恋を阻止する母親。対立する親子関係を通して描かれるのは、女性の「自立」と「恋愛」、そして「自分らしい生き方」について。娘のことを信じもせず、ただ傷つけただけの行動を深く反省する母親。人生に対する諦めが、知らぬ間に娘から言葉を奪っていたことに気づかされるのでした。

■前回のあらすじ
娘を信じもしないで、ただ傷つけただけだと、自らの振る舞いを反省する母親。自分の人生に対して「こんなもの」という諦めを抱いていたことが、娘から言葉を奪っていたことに気づくのでした。

■本のフレーズを噛み締める…





■自分の人生を見て見ぬ振りしていた…

「大学生」を目指しているという同世代の女性。

彼女の言葉が思わぬ転機になるのでした。


(福々ちえ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ