ホーム エンタメ > 嘘ばかりの夫を信用できない モヤモヤを解消するため自宅に戻ると、そこには…!【安心して結婚したはずなのに Vol.23】

嘘ばかりの夫を信用できない モヤモヤを解消するため自宅に戻ると、そこには…!【安心して結婚したはずなのに Vol.23】

逆ギレ夫の様子がおかしい…?胸がざわつく―…

親が借金に追われ、幼少期から苦しい生活を強いられてきた主人公・花子には、結婚相手に対して絶対に譲れない条件がありました。それは「金遣いが荒くないこと」「借金をしていないこと」。太郎と付き合って半年で妊娠が発覚し、借金は不要と考えられるほどの安定した収入があることからふたりは結婚。

ところがある日、太郎のデスクから150万もの借入明細票を見つけてしまった花子。嘘をついていた太郎には結婚前から借金があることが判明!蓋を開ければ借金はなんと総額約300万…。

一度は離婚を考えたものの、義両親の説得もあり太郎を許すことにした花子。無事に出産を終え、義実家でお世話になっていたある日のこと、太郎から飲み会代が欲しいと相談を持ちかけられます。お金がかかる飲み会は断って欲しいと伝えると、逆ギレ!「家に帰ってくるな」と怒鳴った太郎の言葉が気になる花子は…。

このお話は作者3chaさんに寄せられたエピソードを漫画化しています。登場する人物はフィクションです。

■前回のあらすじ
「家に帰ってくるな」と声を荒げた太郎に違和感を感じ、義母に息子を預かって欲しいと伝えた花子は…。

■自宅に帰って太郎と直接話を…!


■どうして自宅にこんなものが…!?

一週間義実家でお世話になると知っているはずなのに、なぜか念押しするように「帰ってくるな!」と言った太郎の言葉が気になって仕方ない花子はいったん自宅に戻り、太郎と話し合いをしようと考えました。

嘘をつかれた側は相手に対して信頼の気持ちをなかなか取り戻せないもの。

この胸のざわつきを解消するために自宅に戻ったのに、まさかまた裏切られるなんて―…!


(3cha)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ