ホーム エンタメ > できることは何もないと判断した先輩・田端 「帰るわ」と告げた瞬間…!?【やさしさに溺れる Vol.61】

できることは何もないと判断した先輩・田端 「帰るわ」と告げた瞬間…!?【やさしさに溺れる Vol.61】

母親の優しさが息苦しい?。心配性で過干渉な母親に支配される子ども時代を過ごしてきた主人公・志乃。

社会人になり、母親から逃れるため、一人暮らしを始めることに、しかし…。人生初の彼氏に夢中になる志乃と娘の恋を阻止する母親。対立する親子関係を通して描かれるのは、女性の「自立」と「恋愛」、そして「自分らしい生き方」について。志乃から事情を聞いた田端は、志乃を慰めようと必死に言葉を搾り出すも…。あまりの慰めスキルのなさにゲンナリとするのでした。

■前回のあらすじ
志乃から事情を聞き、なんて声をかけてよいのか悩む先輩・田端。色んな角度から志乃に言葉をかけるも、自身の慰めスキルのなさを実感。やっぱり「女の子」は苦手だと思うのでした。

■自分にできることはないと感じ…





■志乃の本音を聞いてみると…

明らかに現実を理解していない志乃の様子に心配になる田端。

さらにこの後、志乃の発言に唖然とさせられるのでした。


(福々ちえ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ